基礎知識

ウェビナーの開催前に知っておくべき成功のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェビナーを開催しようと思ったとき、何から始めればいいのか、何を準備したらいいのか、開催成功のポイントには何があるのか、はじめからすべてを知っている人はほとんどいません。

特に手順や必要なものなら調べれば分かりますが、成功のポイントはウェビナーの経験をある程度積まなければ分かりにくいものです。

しかし実際問題、経験を積むまで時間を掛けていられませんよね。

そこで、この記事ではウェビナーの基本的な知識から成功させるためのポイント、事例などをご紹介します。

ウェビナーの開催が不安だという方はぜひご一読ください。

 

オフラインセミナーと比較したウェビナー開催のメリット

ここでは会場開催型のオフラインセミナーと比較したウェビナー開催のメリットについて解説します。

 

集客力が高い

ウェビナーは、インターネットにつながる環境さえあれば場所を選ばず視聴できます

会場へ行く手間と時間を気にする必要がないことから参加の敷居が低く、今までは「興味はあるけれども会場まで行くのは面倒くさい」と思っていた人達にも訴求できる、高い集客力が特徴です。

 

集客するにあたっては、Web上でウェビナー開催を宣伝すると効果が高いでしょう。

例えば、自社ホームページ、メルマガ、SNSアカウント、ウェブ広告、ポータルサイトといった媒体を使います。

Webを利用している人は積極的に情報を探している人なので、ウェビナーに参加してもらえる確率が高く、高い集客効果が期待できます。

 

運営コストが少ない

会場開催型のオフラインセミナーでは会場を借りなければいけませんが、ウェビナーなら社内の会議室を利用すれば会場費は発生しません。

セミナー当日に会場を運営する人件費も削減でき、当日の配布資料をプリントアウトして用意しておく必要もありません。

また、参加者にとっても、会場に行く交通費や宿泊費を削減できるメリットがあります。

 

ウェビナーは運営コストが少ないので、今までコストがネックで開催を諦めていたセミナーを実施することができ、移動のための費用で参加を躊躇していた人も気軽に参加できるでしょう。

ウェビナーを開催するにあたってはウェビナーツールの利用料がかかる場合がありますが、会場開催型のオフラインセミナーよりは低コストでセミナーを開催することができます。

 

運営に必要な人員が少ない

会場開催型のオフラインセミナーの場合、開催する前には会場の下見と選定、利用登録手続き、利用料の支払い手続きが必要で、開催当日には会場の設営、受付の用意、セミナー終了後には会場の片付けなど手間がかかることが多く、一連の運営に必要な人員は少なくありません。

 

一方、ウェビナーであれば社内の会議室を1室確保できれば会場の準備をする必要がなく、パソコン、プロジェクター、マイク、カメラを社内から持ってくれば準備が済みます。

会場開催の場合では機材の運搬に車が必要になる所を1~2名で運べば設営準備は完了です。

配信中も、最低でもセミナー講師と機材管理をする人員がいれば問題ありません

受付も資料配布も必要ありません。

 

録画をすれば都度開催する必要がない

ウェビナーを開催する際に1度録画しておけば、その映像を繰り返し利用することができます

発信する情報が更新されるまでは、コンテンツとしてウェビナーを公開しておけば同じセミナーを24時間365日配信することができます

 

同じ内容の会場開催型のオフラインセミナーを毎年実施する場合、そのたびに会場を手配して講師を呼ばなければいけませんが、録画映像があればそのように都度開催する必要はなく、時間とコストを抑えた費用対効果が高いセミナーが開催できます。

視聴者にとっても聞きそびれたことや、1度聞いても分からないことがあった時に繰り返して見ることができ、理解を深めることができます。

 

また、ウェビナーはセミナーだけでなく、営業担当者がウェビナーの録画映像を出先で顧客に見せて販売促進ツールとして活用するという使い方もできます。

 

ウェビナーの開催を成功させるためのポイント

ウェビナーの開催を成功させるためには、おさえておくべきポイントがあります。

ここでは、8つのポイントをご紹介します。

 

ウェビナーを開催する目的や目標を明確にする

ウェビナーを開催する際、自社セミナーや講演会、研修会、製品・サービス説明会など、開催の目的や目標を明確にしておく必要があります。

また、社内向けか社外向けかで開催の目的はおのずと変わってきます。

社内向けであれば社内のコミュニケーションの活性化や社員のスキル向上が目的になりますし、社外向けであれば自社の紹介や製品・サービスの紹介を通した認知度の向上や売上向上が目的になり、達成すべき目標が異なってきます。

目標が異なれば発信するコンテンツも異なるため、まずはしっかりと開催の目的と目標を定めておくようにしましょう。

 

開催するウェビナーのターゲットを明確にする

ウェビナー開催の目的・目標が明確になったら次はターゲットを明確にしましょう。

誰に何を伝えるかでウェビナーの仕方が変わってきます

どのようなコンテンツであれば興味を引くことができるかを考え、セミナーのキャッチコピーに魅力的なキーワードを盛り込みます。

 

例えば製品やサービスの説明会なら潜在顧客がターゲットになりますので、使うとユーザーが得られるメリットは何か、競業他社のものとの違いは何か、利用方法のヒントや利用例など、ターゲットとする相手のニーズを満たすようなコンテンツにします。

ターゲットが明確であればコンテンツの構成もそれに絞ったものにすることができ、明快なメッセージを発信することができます。

 

ウェビナーに参加するメリットを明確にして集客する

ウェビナーはどこからでも視聴できる便利なものですが、視聴してもらうには参加者に一定の時間を割いてもらう必要があります。

そのため、メリットがあることを明確にすれば、時間を割いてでもウェビナーに参加する意義が伝わり、高い集客力が期待できるでしょう。

 

例えば新しい製品やサービスの紹介をする場合、文字と写真で構成されている紙媒体のカタログではイメージが十全に伝わらず、ユーザーは最後まで読んでもらえないかもしれません。

その点ウェビナーは実際に利用の仕方を実演して見せることでユーザーの素早い理解につながるというメリットがあります。

動画は紙媒体に比べて5,000倍の情報量があると言われています。

分かり易いコンテンツであることやメリットを提示して集客することで、幅広い層の参加者を取り込むことができます。

 

ウェビナーの開催前にリマインドメールを送る

ウェビナーは、受付を開始してから実際に開催するまでに期間があいてしまう傾向があります。

そのため。主催者はウェビナーの開催前にリマインドメールを受講者に定期的に送ることで当日の欠席を防ぎましょう

 

一例としては、開催の3日前、前日、当日にリマインドメールを送れば、受講者にセミナーがあることを思い出してもらえやすくなるでしょう。

その際に対応しているOSやブラウザを案内しておけば当日の通信環境を確認しておくことができます。

リマインドメールには、セミナー名、開催日時、セミナー内容(アジェンダ)、ウェビナー参加URL、ウェビナー参加への注意事項といったセミナー情報を抜け漏れのないように記載しておきましょう。

 

ウェビナー開催前にテストを行う

ライブ配信の場合、開催前に映像や音声の通信テストをしておきましょう。

映像のコマ落ちや音声の飛びなどが発生する場合は使用する回線を切り替えます。

ウェビナーツールによっては通信テストページで事前に接続状況を確かめることができます

 

また、カメラ、マイク、パソコンといった配信機材について開催前にきちんと動作するか確認しておきましょう。

カメラは主催者の顔やプレゼン資料を適度な露出と適正なピントで撮影できるか、マイクはエコーやハウリングを起こすことなく雑音の入らない明瞭な音声で聞こえるか、パソコンはウェビナーツールがインストールされてきちんと動作するかなどをチェックしておきます。

 

ウェビナー開催時には配信トラブルに備える

ウェビナー開催時に起きるトラブルで多いのは音声に関するものです。

音声が全く聞こえない場合はマイクのジャックがきちんと接続されているか、マイクのスイッチがオフになっていないかを確認します。

マイクに問題がなければスピーカーがオフになっていないか、ミュートをオンにしていないか、音量が小さ過ぎなくなっていないかを確認します。

いずれにしても当日のトラブル対応に自信がない場合は、サポート体制が充実したウェビナーツールを選ぶようにしましょう

 

ウェビナー開催時や開催後にアンケートを活用する

ウェビナーを開催する前と後でアンケートを実施することでウェビナーの内容の充実を図り、品質を向上させることができます。

開催前のアンケートでは、ウェビナーに期待している内容や疑問に思っている点を事前に確認しておくことで当日の配信時にウェビナーの進行内容や発表内容を適宜工夫します。

開催後のアンケートでは、参加者が望んでいた情報を提供できたのか、開催時間は長過ぎたり短過ぎたりしなかったか、参加者が他に知りたがっていることは何か、参加者の興味の傾向はどうだったかといったことを確認します。

これらのアンケート結果を活用することで、ウェビナーの効果を把握し、マーケティングにフィードバックすることができます

 

ウェビナー開催後も参加者をフォローする

ウェビナーに参加してくれた人達は自社のビジネスや商品・サービスに興味を持っている人なので、ウェビナー開催後にフォローすれば自社の既存あるいは新規の顧客として関係を醸成するチャンスになります。

いきなり営業を前面に出したフォローメールを送ると参加者は敬遠してしまうかもしれないので、まずは参加してくれたことに対するお礼のメールを送りましょう。

時間を割いてウェビナーに参加してくれたのですから、ウェビナーの内容に満足してもらえたか聞いてみるのもいいでしょう。

フォローメールにはウェビナーで使用した資料やウェビナーの中で触れなかった話題、参加者にとって役に立ちそうな情報、Q&Aで回答しきれなったことなどを添えて送ればリードナーチャリング効果もあり、潜在顧客の発掘につながるでしょう。

 

ウェビナー開催の事例

現在さまざまな企業がウェビナーを活用して効果を上げています。ここでは各企業が実際にウェビナーを開催した事例をいくつかご紹介します。

 

デジタル広告を運用する10社が合同で開催したウェビナーでは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って消費者の行動様式が変化する中で、あるべきデジタルマーケティングの在り方を提言しました。

また、グローバルに活躍する人材やリーダーの育成を目的とする日経ビジネススクールでは、人工知能を用いたデータ分析の手法と課題をテーマに取りあげ、意思決定に至るプロセスと技術についてビジネスマン向けにウェビナーを開催しています。

さらに、ECサイト大手の楽天では、ネットショップの出店と開業を考えている事業者向けにECセミナーを開催することで、出店を検討中の方へ広くアプローチしています。

 

このように、ウェビナーは業種、目的を問わずに開催されています。

 

ウェビナーを開催するためのツール3選

ここではウェビナーを開催するためのおすすめのツール3選をご紹介します。

 

ネクプロ

ネクブロはマーケティング向けのセミナーやイベントをウェブで配信し、参加者の継続率の維持・向上を図り、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を最大化するオンラインイベントツールです。

集客、配信、分析をワンストップで行えるウェビナーツールとして集客力を高めてCPA(Cost Per Acquisition)を削減し、アンケート収集率の向上が期待できます。

 

フランチャイズ加盟店向けセミナー、EC認知度向上セミナー、マーケティング業界セミナー、学校や教育員向けのプログラミングセミナー、投資・M&Aの個人・法人向けセミナーなどの開催に起用された実績があります。

 

▼導入企業例

>>ネクプロの詳細をチェックする<<

 

ネクプロなら実際にウェビナー・webセミナーを体験しながら製品詳細をチェックできます。

ウェビナー・webセミナーを視聴しながら営業担当者とチャットで質疑応答ができるので、疑問や不安を解消することもできます!

ウェビナー体験&製品詳細チェックはこちら

 

導入事例もダウンロードして見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

◆◇◆ウェビナー成功導入事例集のダウンロードはこちら◆◇◆

GigaCast(ギガキャスト)

GigaCast(ギガキャスト)は高性能と低価格を両立したウェビナーツールです。

データ流量を消費する動画配信を主催者のカメラに限定することで、鮮明な画像と安定した配信を可能にしています。

コロナウイルス感染拡大防止の対策として在宅勤務が増えてインターネット回線のトラフィックが混雑している中でも、安定したウェビナーを可能にしてくれます。

料金体系もごくたまにしか利用しない場合向けのプリペイド、頻繁に利用する場合向けの月額固定、大規模向けの従量課金の3タイプから予算に合わせて選べます。

 

V-Cube(ブイキューブ)

Web会議システムのV-CUBEミーティングは、テレビ会議システムに勝るとも劣らないHD対応の高画質映像、高品質の音声、安定した接続性を兼ね備えたクラウド型サービスです。

直感的に操作できるユーザーインターフェースでユーザーにストレスを感じさせません。

パソコンの画面を参加者と共有できるので、資料やデータを示しながらの会議の進行が可能です。

また会議中にアンケートを実施することにより、議題の多数決を取ってスピーディーな意思決定に役立ちます。

 

ウェビナーを開催してみよう!

ウェビナーは、会場開催型のオフラインセミナーのような会場の収容能力に縛られず、また開催場所を問わないので日本全国に向けて発信でき、参加者も移動時間や交通費を気にする必要がなく気軽に参加できるといったさまざまなメリットがあります。

入念な準備、開催当日のスムーズな進行、開催後のフォローが必要なのはオフラインセミナーと変わりませんが、ウェビナーではそれらが社内で完結できるので負担は大幅に減らすことができます。

コロナウイルス拡散の影響に伴ってその有効性が見直されたウェビナーですが、コロナウイルス収束後も高いニーズが見込まれます。

他社よりも一歩先んじるために工夫を凝らしたウェビナーを開催しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウェビナーを始めてみたい!」
「でもどのwebセミナーツールを選べばいいの?」
そのような方に向けてウェビナーツールの比較を行いました。

>>【比較】ウェビナー・webセミナーツール10選!各ウェビナー・webセミナーツールの強みやポイントは?<<