基礎知識

ウェビナーとは?基礎知識やウェビナーツール例まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeやUstream、ニコニコ動画など、今日、動画配信ツールは様々なものがありますよね。

動画は「娯楽」のイメージが強いかもしれませんが、ビジネスの場において「コミュニケーション」や「サービス紹介」を目的にしている場合も多くあります。

その中でも、最近では「ウェビナー」という動画の使い方が増えてきています。

そこで、今回は「ウェビナー」について紹介していきたいと思います!

 

ウェビナーとは

ウェビナーとは

ウェビナーとはいったい何でしょうか?

「ウェビナー」は 「ウェブ(web)」と「セミナー(Seminar)」を組み合わせてできた言葉です。

セミナーの動画をインターネット上で配信することです。

従来のオフラインで行うセミナーと異なり時間や場所を選ばずにセミナーを実施できるため、コスト削減や効率化の点から、いま注目されている手法の1つです。

ウェビナーは、企業の講義や会社説明会、製品紹介、そして会議など様々な用途に用いられています。

 

ウェビナーの配信方法の種類

ウェビナーの配信の方法は主に次の2種類があります。

 

1.リアルタイム配信

ウェビナー開始の時間を決め、リアルタイムで行うセミナーのことです。

チャット機能などを利用することで、配信者と視聴者がコミュニケーションを交わすことができるので、遠くの参加者とも意見交換をすることができます。

インターネット上で行うセミナーですが、実際のセミナーと同じような感覚で開催、また参加することができます。

 

2.録画配信

これはあらかじめ録画して準備しておいた動画を配信するものです。

YouTube のようなイメージですね。

何度も見返すことができますし、ゆっくりメモを取りながら視聴することもできる点が録画配信のいい点です。

 

ウェビナーではどのような動画を配信できるのか

ウェビナーで配信されている動画は、開催者のトークのみを映しているものから、ホワイトボードへの書き込みを一緒に映しているもの、またパソコンの画面などを共有しながら話すものなど様々です。

ウェビナーは見込み客のフォローから顧客化まで有効に活用でき、現在マーケティングツールの中でも人気があります。

なぜなら、その講師の表情や話し方、しぐさなどを実際に見ることができるので、「視覚的な情報や雰囲気を極めて効率よく届けられる手段」だからです。

 

ウェビナーのメリット

ウェビナーのメリットについてまとめていきましょう。

 

全国各地で同時配信でき、集客力が高い

ウェビナーは、インターネット上でセミナーを受けることを可能にするため、場所を選びません。

つまり、全国各地で同時配信することが可能です。

セミナーを開催するために、また参加するために遠くへ行くという必要がないので、交通費もかかりませんし、時間も節約することができます。

つまり配信者にとっても視聴者にとっても、場所や時間にとらわれなというメリットがあるのです。

ウェビナーを使うことで、東京にいながら北海道や沖縄、国境を越えてアメリカや中国などの外国にも配信することも可能です。

そのため参加がしやすく集客力が高いという特徴を持っています。

実際、オフラインセミナーよりもウェビナーの方が集客でき、結果としてROIも高くなったという話をよく聞きます。

 

コストの削減

上記でも少し触れましたが、実際に会場を使用するセミナーとは違って、ウェビナーはインターネット上で開催するセミナーのため、会場を借りるための費用や、会場に行くまでの交通費、また宿泊費が一切かかりません

実際にオフィス内の一室を会場にして動画を撮っている企業もあるようです。

参加希望者も、交通費がかからず、また移動する必要がないためより多くの講義を聴くこともできます。

 

オフラインセミナーでは会場のレンタル費や交通費などを考えると、受講希望者が少ないと割に合わなくなってしまう可能性がありますが、ウェビナーでは様々なコスト削減ができているので、少数の受講者でも開催しやすいというメリットもありますね。

 

録画で何度でもいつでも同じ内容でセミナー開催できる

主催者側はウェビナー用の動画を一度録画しておくことで、何度もその動画を利用することができます

このようにして何度もウェビナーを開催することは、とても費用対効果の高い方法であるといえます。

情報が新しくなるまでは、動画を配信するだけで同じセミナーを行うことができるので、主催者側は時間の節約にもなります。

今まで毎年同じ内容のセミナーを実施していたという場合や、本当は複数人の講師の方にセミナーを毎回お願いしたいけれど、そういった準備をすることが難しいという場合にとても向いていますね。

 

配信者である講師の方々も、録画配信にすれば失敗したらやり直すこともできますし、実際に自分で確認してから配信することが可能になるので、オフラインのセミナーで起こりうるようなトラブルやイレギュラーな事態を事前に防ぐことも可能です。

さらに、録画配信のウェビナーの場合、視聴者は繰り返しそのセミナーを見ることができますし、何度でも巻き戻してみることも可能です。

メモを取ったり、意味をよく理解したりすることができるので、セミナーの内容をしっかりと活かすことができます。

 

ウェビナー参加者が質問しやすい

ウェビナー参加者には、配信中にチャット機能を使って、コメントを送ることができます。

オフラインセミナーの場合、多くの参加者の中、人目を気にして質問をするのは少しためらうことがありますよね。

ウェビナーであれば、対面で話すこともありませんし、周りの目を気にする必要もないため、講師の方に気軽に質問することができます。

また、ウェビナーはリアルタイム配信であることから、セミナー内容で疑問点があった場合には、リアルタイムで質問をできる点も便利ですね。

 

ウェビナーのデメリット

メリットに関しては説明をしてきました。次はデメリットについてです。

 

インターネット環境が必要

ウェビナーのデメリットの一つ目はインターネット環境がないと、配信も受講もできないことです。

特にリアルタイム配信の場合、配信者はネット環境があるところを撮影場所にしなければなりません。

しかし、現在では日本の大体の施設ではネット環境が整っていると言えるので、あまり困るポイントではないかもしれません。

あらかじめ録画しておいた動画を配信する場合は、撮影場所にインターネット環境がなくても、動画をアップロードする場所にあれば問題はないので、やはり配信側からみても大きなデメリットということにはならないのではないかと思います。

セミナー参加者にとっても同じことが言えます。

しかし、ネット環境のトラブルなどで予定していた時に見られないという事態は起こる可能性があるので、インターネットの接続状況が不安定な場所でウェビナー配信することはおすすめできません

 

機材が悪いと音質・画質が低下

ウェビナー主催者は、動画を撮影する際に気を付けなければならないことがあります。

それは視聴者が快適に見ることのできる動画を撮影するという点です。

内容がいいのに、音質や画質が悪ければ、見るのが少し億劫になってしまいますし、伝えたい内容が伝わらないかもしれません

とてももったいないですよね。

ぼやけたり粗かったりする映像では印象も悪くなってしまうかもしれません。

 

ウェビナー用の動画を撮影する際、「パソコン」、「ウェブカメラ」、「マイク」がとても重要です。

これらの機材が悪いと、音質・画質が低下してしまいます。

ではこのデメリットを改善するためには、それぞれどのような機材を準備するべきなのでしょうか。

一つずつ見ていきましょう。

 

【パソコン】

パソコンはノートパソコンでも大丈夫ですが、容量の大きい動画もスムーズに配信できるくらいのスペックは備えておきたいところです。

 

【ウェブカメラ】

動画を撮影する一番重要な機器がウェブカメラです!

ウェブカメラは安いものを選んでしまうととても画質が悪いです。

そのため最低でも5,000円~1万円のものを準備しておきたいですね。

画質の良し悪しは、見ている人のイメージに大きな影響を与えるので、重視しておきましょう。

リアルタイム配信ではない場合は、ビデオカメラを購入し、あとから編集して動画配信を行うのでもいいかもしれません。

 

【マイク】

最後にマイクです。

「え?マイクも必要?」と思った方もいるかもしれませんね。

もちろんウェブカメラにも、パソコンにもマイクは付いていますが、視聴者が快適に音声を聞けるようにマイクもしっかり準備しておきましょう。

卓上マイクやハンドマイクでも問題はありませんが、胸元に付けられるピンマイクを使うとより良いと思います。

また、ウェビナー録画中に外の雑音や話し声、携帯電話の着信など、無関係な音が録音されないよう事前に準備をしておきましょう!。

録画配信の場合は、そういった音が入っていないか、自分でも再度確認をしてから配信するようにしましょう。

 

【撮影環境】

画質や音質と直接の関係はありませんが、撮影場所の環境づくりも大事なポイントです。

まず明るさです。

暗い照明の会場で撮影をすると、セミナーやその講師自体が暗い印象になってしまう可能性があります。

適度な照明の明るさを保つことが重要です。

カメラのホワイトバランスの調整機能を有効活用してもいいと思います。

背景は整理整頓をして、すっきりとしたきれいな印象になるように心がけましょう。

撮った動画は毎回確認して、暗すぎないか、余計なものが映っていないか、などしっかり自分でチェックするようにしたいですね。

できれば、配信するインターネット環境と別の回線の場所で動画を確認するといいです。

ホワイトボードを使用する場合は、光が反射したりして見づらくなっていないか、また字は丁寧か、文字の大きさは適度かといった点にも注意しましょう。

 

対面ではないため話者の気が緩む

ウェビナーの3つ目のデメリットは、話者の気が緩んでしまう可能性があることです。

実際のセミナー会場と違って客席に参加者がいるわけではないので、どうしても人から見られているということを忘れてしまいがちです。

服装がだらしなくなってしまったり、ひげや髪形などを整えていなかったりということがないように気を付けることが必要です。

 

また、参加者の表情などを確認することができれば「理解ができていなさそうだな」「話が刺さっていないようだ」などということを読み取り、その後の話し方や内容を補正することができるかもしれませんが、ウェビナーではそれができません

話し始めてしまったらその話の方向を聞き手に合わせて修正することはとても困難です。

このセミナーはどういった人を対象にしたセミナーなのかをよく確認しておき、専門用語を使いすぎないよう配慮をしたり、事前に話す内容や構成を考えておいたりすることが重要です。

声が小さすぎたり、早口にならないようにしたりという点も気を付けましょう。

事前に何回か練習をして録画し、他の人に見てもらいアドバイスをもらってみましょう。

講師からしか見えない位置に、注意点が書かれた紙を張っておいて、撮影中も確認できるようにしておくこともおすすめです!

 

ウェビナーとオフラインセミナーの比較

さて、ウェビナーのメリットとデメリットについて紹介しました。

次はウェビナーと従来のオフラインセミナーを比較してみたいと思います。

 

ウェビナー

オフラインセミナー

費用

安い

高い

参加可能人数

ツールに依存

会場に依存

受付の有無

不要

必要

セミナー対象

国や地域など問わず

会場に依存

参加者のリスト化

ウェビナーツールで管理

手打ちで作成

 

ウェビナーは会場のレンタル料や交通費がかからないため、オフラインセミナーに比べて低コストで開催・参加することができます。

 

参加可能人数は、ウェビナーを配信するツールによって異なります。

少人数用、大人数用とその種類は様々なので、自分が必要なのはどのようなツールなのか調べるといいと思います。

オフラインセミナーの場合は、会場の収容人数が参加可能人数ということになります。

 

ウェビナーは受付が必要ありませんが、オフラインセミナーは受付が必要なので、人手も必要です。

 

セミナーの対象は、ウェビナーは国を問わずあらゆる地域から参加することができますが、オフラインセミナーでは会場に当日足を運ぶことのできる人のみです。

 

参加者の管理はウェビナーの場合ツールで管理することができます。

しかしオフラインセミナーでは、セミナー前や終了後にExcelなどで自作する必要があるので、手間も時間もかかってしまいます。

 

小規模のセミナーを数回のみ実施するのであれば、わざわざウェビナーツールを導入せずにオフラインで済ませてしまってもいいでしょう。

しかし大規模なセミナーや実施回数の多いセミナーの場合は、ウェビナーツールを導入した方がより費用や工数を抑えることができます

 

ウェビナーの費用相場

ウェビナーの料金体系は様々です。

具体的には「プリペイド式」「月額固定制」「従量課金制」などがあります。

それらはウェビナーツールによって様々ですが、プリペイド式や月額固定制などの料金体系に関わらず、最低単価は数万円~で設定している企業が多いです。

 

開催頻度が分からずある金額以内に抑えたい場合はプリペイド式、頻繁にウェビナーを開催する場合は月額固定制、開催頻度が分からないけれど予算に余裕があるなら従量課金制を選択すると良いでしょう。

例えば月額固定制で契約していれば、ウェビナーの開催数を増やせば増やすほど、1回あたりのウェビナー費用は安くなりますよね。

自社が開催するウェビナーの頻度と、各社のウェビナーツールの料金を照らし合わせながら、1回あたりの費用を求めて比較検討を行いましょう

 

おすすめのウェビナーツール例

具体的にはどういったウェビナーツールがあるのか、いくつかおすすめのツール例を挙げていきたいと思います。

 

ネクプロ

ネクプロは月額5,000円(税別、ライトプラン)から始められるツールです。

専用のツールをインストールする必要がなく、インターネット環境があればどこでも配信が可能です。

ネクプロの特徴はオフラインセミナーの管理ができるツールでありながら、同時にウェビナーの管理もできる点です。

オフラインセミナーもウェビナーも一緒に開催したいという方におすすめです。

セミナーの企画や実施の支援、受講状況の分析など、実施中や実施後のサポートが手厚い点も魅力です。

 

デモ版もあるので導入前にどんなウェビナーツールか確かめてみることができます。

ネクプロが気になるという方は、デモ版を申し込んでみましょう

詳細は公式ホームページをチェックしましょう!

 

>>ネクプロの詳細をチェックする<<

 

こちらもご覧ください!

☑ webセミナーツール『ネクプロ』の口コミ・評判は?

 

GigaCast(ギガキャスト)

GigaCast(ギガキャスト)は、セミナーや説明会だけでなく、遠隔授業も行えるツールです。

たまに使う場合も、プリペイド式であれば1セミナーあたり3,200円からと低価格で利用ができます。

同じツールでも料金体系が豊富ですので、ウェビナーの実施状況に合わせたプランを見つけることができると思います。

 

こちらもご覧ください!

☑ webセミナーツール『GigaCast(ギガキャスト)』の口コミ・評判は?

 

J-Stream(ジェーストリーム)

J-Stream(ジェーストリーム)は、ライブ配信はもちろん、双方向のコミュニケーションを可能にするライブ会議なども配信することができます。

国内最大級と宣伝していることもあり、導入企業は1,500を超えます

ウェビナーツールの提供企業としてネームバリューもあり安定した動画の配信が可能ですが、価格がご紹介しているほか2つに比べて高めであるため、予算が限られている場合は利用しづらいかもしれません。

 

こちらもご覧ください!

☑ webセミナーツール『Jストリーム』の口コミ・評判は?

 

ウェビナーの導入事例

ウェビナーについてより深く知りたいのであれば、ぜひ導入事例をチェックしてみましょう。

実際に利用されているシーンにおいて、どのような課題があり、どのような結果を得られたのかが分かる事例は参考になると思います。

自社の状況に似た事例があれば、そこで使用しているウェビナーツールを導入すると同じような結果を得られると思います。

先人に学び、ウェビナーを成功させましょう。

◆◇◆ウェビナー成功導入事例集のダウンロードはこちら◆◇◆

 

ウェビナーでセミナーをより良く変えよう!

ウェビナーは時間と費用の節約が出来る、今までにないツールです。

メリットデメリットはもちろんありますが、工夫次第でメリットを伸ばし、デメリットを改善することができます。

ウェビナーを使いこなして、従来のオフラインセミナーをより良いものにして行きましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウェビナーを始めてみたい!」
「でもどのwebセミナーツールを選べばいいの?」
そのような方に向けてウェビナーツールの比較を行いました。

>>【比較】webセミナーツール6選!各webセミナーツールの強みやポイントは?<<