ウェビナー(webセミナー)の用途

ウェビナー(webセミナー)の用途について説明しています。新卒採用の企業説明会や自社セミナー、株主総会、営業など、ウェビナー(webセミナー)には様々な用途があります。各用途のおけるウェビナー(webセミナー)のポイントなどを説明しています。
用途

ウェビナーで講演会を開きませんか?オンライン講演会のメリット

2020年6月現在、新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワークの実施やオンラインシステムの活用が推奨されています。 IT技術を活用して、人と人とが直接顔を会わせる機会を極力削減することで、このような緊急性の高い状態でも事業を継続できるようになりました。 そして今、会議などと同様にオンラインで行うセミナーである「ウェビナー」が注目を集めています。» 続きを読む
用途

テレワークでセミナーが中止・延期に。そんなときはどうすればいい?

新型コロナウイルスにより急にテレワークが始まり、新しい働き方に慣れるだけでも大変なのに、中止したセミナーのフォローや延期したセミナーの新たな日程のめどが立たずに困っている人も多いのではないでしょうか。 緊急事態宣言が解除されても、すぐに大規模イベントの開催ができるようになるわけでなく、また、再度の緊急事態宣言になる可能性も十分にあります。 そんなときの対応策として、ウェビナーを使う方法をご紹介します。» 続きを読む
用途

テレワークで研修が中止・延期になったときに取るべき対応

入社して1番始めに実施されることが多い「社内研修」。 業務内容を覚え、短期間で知識やスキルを一定水準まで高めるのには欠かせないものです。 研修合宿や社内での研修、研修施設での特別研修など、その方法にはさまざまな種類があります。» 続きを読む
用途

緊急事態宣言でセミナーが中止・延期になったらウェビナーを活用しよう

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国的に室内で複数人が集まる行為や各種施設の営業などが自粛されており、緊急事態宣言を受けてさらに自粛の勢いが増しました。 コロナウイルスの影響を受けているものの中にセミナーの開催があります。 セミナーは密室に人が集まり、話しを聞くため現状は「危険」とも言える行為であり、開催中止・延期となるケースも珍しくありません。» 続きを読む
用途

緊急事態宣言で研修が中止・延期になってしまった・・・・・・。対応策はあるのか?

2020年4月16日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、7都府県に発令されていた緊急事態宣言の対象が全国に広がりました。 緊急事態宣言が出る前も3密(密閉・密集・密接)を避ける、大規模なイベントの自粛などの要請はありましたが、緊急事態宣言を出すことでもっと強い指示を行うことができるようになりました。 そのため、行政から不要不急の外出や公共交通機関での移動の自粛、人と人との距離を2メートル以上離すソーシャルディスタンスの確保などを徹底するようにとの要請が通達され、大規模なイベントは開催できなくなりました。» 続きを読む
用途

ウェビナーなら決算説明会が開催しやすくなる!ウェビナー開催のメリット

決算説明会は、企業の事業計画や業績を機関投資家や証券会社のアナリスト、報道関係者を対象に説明する場です。 従来、来場型の会場で執り行うものでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてWeb上での開催を検討する企業が増えています。 しかし、Web上での決算説明会をどのように開催すれば良いか分からない担当者もいるでしょう。» 続きを読む
用途

ウェビナーで株式総会を開きませんか?新しい株主総会の形

従来は直に会場へ足を運び参加するのが当たり前だった株主総会。 しかし新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、ウェビナーでの開催を検討・実施する企業が増えています。 この記事では、ウェビナーで株主総会を開催するメリットやおすすめのウェビナーツールについてご紹介していきます。» 続きを読む
用途

新卒採用、オンライン面接をしていないなんて時代遅れ!企業と学生にとってのメリットは?

働き方改革の施行による多様な働き方の実現を目的として、テレワークなどオンラインで仕事をする働き方が推奨されています。 新卒者の面接も、オンライン面接で行う企業が増加傾向にあり、メディアで取り上げられるなど社会の注目を集めています。 オンライン面接とはウェブ面接とも呼ばれ、オンライン通話サービスを使って行うビデオチャットでの面接を意味します。» 続きを読む
用途

新卒採用にオンラインセミナーを活用しませんか?

昨今の日本企業にとって、労働人口の減少による人材不足は深刻な課題となっています。 2025年以降、15~64歳の生産年齢人口は、全ての都道府県で減少していくとの推計もあり、今後ますます人材の確保が難しくなっていくことが予測されます。 売り手市場の新卒採用では、特に大企業や人気企業に応募者が集中してしまっており、中小企業にとって若手人材の採用は困難を極めています。» 続きを読む