方法

ウェビナー配信のポイント3つ【手順や必要なものは?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェビナー配信のポイントをご存知でしょうか?

 

セミナーの機能は、自社の商品やサービスを知ってもらうということと、それらに関心がある見込み客のリストを獲得するということの、2つの目的を同時に達成することです。

ウェビナーとはセミナーの機能をウェブ上で達成するものです。

ウェビナーは、セミナーの機能にウェブやデータ解析のアドバンテージを上乗せできるものとして、現在注目を集めています。

 

ウェビナーがオフラインセミナーよりも優れている理由を確認したうえで、ウェビナー配信を成功に導くためのポイントをご紹介します。

 

ウェビナーがオフラインセミナーよりも優れている理由 

まず、ウェビナーがオフラインセミナーよりもどのような点において優れているのか、整理しておきましょう。

 

参加者がどこにいようとかまわない

オフラインセミナーの場合、会場をどこにするのかは非常に大きな問題です。

できるだけ多くの参加者に来てもらいたいと考えれば、セミナーの開催場所を首都圏、とくに東京や、大阪、名古屋、福岡など主要都市に限るか、全国各地で同じセミナーを何度も繰り返すかしかありません。

 

ウェビナーは、日本全国、あるいは全世界の参加者を対象として、同時に開催することができます

ウェビナーの主催者は、受講者がどこにいるのかを考える必要がありません。

参加者も、自分がどこにいようと、移動時間を考える必要なく、ウェビナー視聴の時間だけを確保すればよいのです。

 

コンテンツを再利用できる

動画として配信されるウェビナーの内容は、コンテンツとして何度でも再利用することが可能です。

ウェビナー1回分の内容をそのままコンテンツとして配信するだけではなく、部分的に抜き出したものを編集して無料で閲覧できるようにするなど、コンテンツをさまざまな形で再利用することも可能です。

 

コストと手間を削減できる

オフラインセミナーで全国の参加者にリーチしようとすれば、全国各地で何度も同じセミナーを開催することになるでしょう。

オフラインセミナーでは、それぞれの会場の確保、セミナー担当者の移動、毎回の集客など、毎回さまざまなコストがかさみます。

ウェビナーを活用すれば、主催者、参加者双方において、場所的制約からくるさまざまなコストや手間を完全に回避することができます

 

ウェビナーの配信に必要なもの

ウェビナー配信に必要なものは、ビデオカメラとマイク、録画場所、インターネット環境につながったパソコン、そしてウェビナー配信ツールです。

必要なものそれぞれの役割と選び方についてご紹介します。

 

ビデオカメラとマイク

ノートパソコンに搭載されているカメラとマイクだけでも、ウェビナーコンテンツを作成することは可能です。

パソコンに、画面を録画するアプリをインストールしておけば、スライドや、パソコン画面上の実演だけでも、コンテンツを作成できるでしょう。

しかし、パソコンに搭載されているカメラとマイクを使う場合、カメラワークや音録りの制限によって、動きがありライブ感があるコンテンツを作ることは非常に難しくなります。

質が高く親近感がわくコンテンツを作るためには、ビデオカメラとマイクはパソコンとは別に用意したほうがよいでしょう。

業務用の高価な機材は必要ではないので、1万円以下のウェブカメラとマイクがあれば十分です。

 

録画場所

コンテンツに雑音が入ると視聴しづらいものです。

録画場所では雑音が入らないように注意しましょう。

実演などを録画するのであれば、背景などをシンプルにして視聴者がコンテンツに集中できるように注意します。

 

録画場所についてもう一つ注意するべきことは明るさです。

照明が暗いと、セミナーそのものが暗いイメージで受け取られかねません。

事前にカメラテストしながら調整することで、適度な明るさを確保しましょう。

講師役が暗く見える際は白いハンカチをひざの上に置くなどして明るい印象になるように心掛けましょう

 

インターネット環境

インターネットにつながったノートパソコンがあれば、ウェビナーを開催することができます。

動画を配信することになるので、それなりの回線速度が必要です。

録画したセミナーを配信する場合には、動画を編集する作業が必要となるので、パソコンにも一定以上の性能が求められます。

会場からウェビナーを配信するのであれば、事前のリハーサルなどで回線状態を確認しましょう。

パソコンは簡単な動画編集が可能なものを選びましょう。

 

ウェビナー配信ツール

ウェビナーの配信ツールは、多数の参加者が同時に視聴したり、各自の都合が良い時間に個別に視聴したりが可能になるツールです。

このような環境を配信ツールなしで実現することは、専門的なエンジニアリングの知識なしでは非常に難しいでしょう。

現在さまざまなウェビナー配信ツールが提供されています。

多くの場合、ウェビナー配信ツールを使えば、ウェビナーの集客、受付管理、配信スケジュール管理など、ウェビナーに関連するさまざまな管理項目を、一元的に管理することができます。

 

ウェビナーの配信手順

ウェビナーの配信手順をご紹介します。

基本的な流れはオフラインセミナーと同じなのですが、インターネットを活用するので、さまざまな機材や設備を用意したり調整したりする必要があります。

ウェビナーの場合、ITならではの技術的アドバンテージを使うことができます。

 

ウェビナーの目的とコンテンツを決定する

ウェビナーはインターネットを通じて配信されるセミナーです。

ウェビナーがビジネスで果たす役割は、オフラインのセミナーとよく似たものです。

多くの場合、ウェビナーの目的は、顧客に対して自社の商品やサービスを知ってもらうことと、受注に向けて顧客を育成するときのきっかけを作ることです。

ウェビナーの場合、短い動画を複数作成して視聴しやすくするなどの手法を活用することもできます。

 

ウェビナーコンテンツでとくに重要なのはシナリオです。

ウェビナーは途中で視聴を止められるので、飽きさせないシナリオを用意する必要があります。

シナリオの質がウェビナーの成功を決定すると言ってもいいでしょう。

 

ウェビナー配信に必要なものを集める

目的とコンテンツが決まったら、配信は必要な設備やコンテンツの作成に必要なものを用意します。

配信に必要なものついては、前節の、「2.ウェビナーの配信に必要なもの」をご参照ください。

 

ウェビナーの参加者を集める

ウェビナーの集客は、ウェブサイトで完結することができます。

最低限、ウェビナーの視聴ページと参加登録フォームが必要です。

多くの参加者を集めるためには、開催告知ページや、ウェブ広告、メール配信などの手段を使います。

ほかに、SNS、ブログ、メルマガ、動画配信サイトへの広告などの手段を使うこともできます。

ウェビナーツールには、集客についてのさまざまな方法を提供したり、ウェビナー参加者を管理したりする機能を提供するものもあります。

 

ウェビナー本番前に練習・配信テストを実施

本番前の練習や配信テストは非常に重要です。

ウェビナーの講師は、練習を繰り返すことで内容や表現に磨きをかけ、商品やサービスをより強く訴求できるようになります。

チームでウェビナーを配信する場合、練習すればメンバーの連携を高めることができます。

配信テストにより、機材や会場、ツールが事前の期待通りの動きをするのかを確かめ、必要に応じて対応します。

 

ウェビナー本番配信

十分な準備をしてから本番の配信を行いましょう。

内容や段取りがしっかり頭に入っていれば、あとは落ち着いて実演するだけです。

会場から同時配信するウェビナーの場合は、会場の雰囲気を読み取り、アドリブなどを用いながらライブ感のあるウェビナーになるように心掛けましょう。

このような、プラスアルファを付け加える余裕は、十分な準備によって初めて可能となります。

 

ウェビナー配信後、結果を分析する

ウェブを使って配信されるウェビナーは、参加者の行動データをかなり精密に把握することが可能です。

参加人数、滞在時間、録画の視聴履歴、アンケート結果など、さまざまなデータを活用して、本当に参加者に届くウェビナーだったのかを確認し、次に活かします。

参加者のデータは、顧客育成のためのデータとして活用することもできます。

 

ウェビナー配信のポイント3つ

ウェビナーを継続的に改善していくためには、ポイントはしっかり押さえておくことです。

この記事では3つのポイントをご紹介します

 

ウェビナー配信後、目標値と結果を必ず比較し改善を繰り返す

ウェビナーは、なんらかのビジネス上の目的を達成するために開催されます。

ウェビナーの効果を高めるためには、事前に目標を数値化しておき、事後の結果と比較して問題点や改善するべき点を洗い出し、次のウェビナーで改善する努力を積み重ねていく必要があります

ウェビナーを改善するためにはさまざまな目標値を設定することも重要ですが、開催後に得られるさまざまな行動データを活用することも同様に重要です。

思いつきから出発してコンテンツを作ること自体には問題ありません。

その思いつきが意味のあるものだったのかを確かめることが重要です。

 

本番配信前に十分な準備を行う

ウェビナーの事前準備には、オフラインのセミナーの事前準備とは違う側面があります。

オフラインセミナーは、講師がスライド資料や実物などを用意して、主に一人でセミナー全体をまとめて進めていきます。

しかし、ウェビナーは、講師のほかに、カメラで撮影するメンバー、パソコンを操作するメンバーなど複数のメンバーが、さまざまな機材を使うことで配信されます。

メンバーと機材の連携のどこかで問題が発生すると、大枠として出来上がっているウェビナーが配信できない事態になりかねません。

ウェビナーの準備では、メンバーや機材が的確に連携できるかを確認する必要があります

 

どのウェビナー配信ツールを使用するかは重要

現在さまざまなウェビナー配信ツールが提供されています。

コンテンツを配信するといっても会場から生で配信するのか、録画したコンテンツを配信するのかでは大きく違います。

また、参加できる人数や、インタラクティブに応答する機能などにおいても、配信ツールごとに違いがあります。

集客したり分析したりするために提供される機能も含めて、各ツールにはそれぞれ強みと弱みがあります。

どのウェビナー配信ツールを使うのかを決めるためには、ウェビナーの目的とともに、自社のマーケティング体制、データ分析体制との相性も考慮に入れる必要があります

 

おすすめのウェビナー配信ツール

世の中にはさまざまなウェビナー配信ツールがあります。

その中からおすすめのツールを3つ選んでご紹介します。

 

ネクプロ

ネクプロは、株式会社ネクプロが提供するウェビナー配信ツールです。

ネクプロは、ウェビナーのみならず、オフラインのセミナー・イベントも一元的に管理することができるシステムです。

ネクプロを使えば、ウェビナーの申込フォームを簡単に作成し、申込データを統合データベースで一元的に管理することができます。

ネクプロのスマホアプリを使えば、当日の受付も簡単です。

統合データベースを使うことで、資料ダウンロードやアンケートを組み合わせて見込み客を育成することが可能です。

ただの配信ツールとしてではなく、マーケティングツールの1つとしてウェビナーの利用できるのがネクプロの大きな特徴です。

 

参考記事:
ウェビナーとは?マーケティングで今注目のネクプロを試してみた

導入企業も段々増えてきており、誰もが知る会社や大学などでも利用されるようになっています。

マイナビ社については定期的にセミナーを開催しており、同時にウェビナー配信しているそうなので、実際にウェビナーの視聴者として参加しやすいと思います。

 

>>ネクプロの詳細をチェックする<<

 

ネクプロなら実際にウェビナーを体験しながら製品詳細をチェックできます。

ウェビナーを視聴しながら営業担当者とチャットで質疑応答ができるので、疑問や不安を解消することもできます!

ウェビナー体験&製品詳細チェックはこちら

 

導入事例もダウンロードして見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

◆◇◆ウェビナー成功導入事例集のダウンロードはこちら◆◇◆

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

V-CUBE(ブイキューブ)

V-CUBE(ブイキューブ)は、株式会社ブイキューブが提供するウェビナー配信ツールです。

V-CUBE(ブイキューブ)を使うと最大10,000拠点にセミナーを配信できます。

クラウド型サービスにログインするだけで、ソフトをインストールすることなくウェビナーに参加することができます。

V-CUBE(ブイキューブ)のチャットやアンケートを使ってウェビナーの理解度を高めることができます。

iOS/Android専用のモバイルアプリを使えば、V-CUBE(ブイキューブ)のウェビナーにタブレットやスマートフォンを使って参加することができます。

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

GigaCast(ギガキャスト)

GigaCast(ギガキャスト)はロゴスウェア株式会社が提供するウェビナー配信ツールです。

GigaCast(ギガキャスト)は、動画配信、スライド専用画面、招待制セミナー、出欠確認、アンケートといった、ウェビナーを配信し、管理するための機能を提供します。

GigaCast(ギガキャスト)には画像の質を上げるためのシステム的な工夫が施されています。

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

ポイントを押さえてウェビナー配信を成功させよう!

ウェビナーを使えば、オフラインのセミナーと比較して低コストで多数の人々にリーチすることが可能です。

オフラインのセミナーだけを開催してきた会社の担当者から見ると、ウェビナーのシステムや機材の使い方には、はじめのうちはとまどう部分があるかも知れません。

しかし、一度慣れてしまえば、ウェビナーを成功させることは、オフラインのセミナーを成功させることより容易です。

ウェビナー開催のポイントを押さえて配信を成功させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウェビナーを始めてみたい!」
「でもどのwebセミナーツールを選べばいいの?」
そのような方に向けてウェビナーツールの比較を行いました。

>>【比較】ウェビナー・webセミナーツール10選!各ウェビナー・webセミナーツールの強みやポイントは?<<