方法

ウェビナーの集客はこうすればいい!集客方法を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウェビナーを配信しよう!」

 

意気込んでウェビナーを開催してみたものの、何と参加者は数人。

参加者が数人でもいればまだいいのですが、まったくのゼロということもあり得ます。

そんな恐ろしい状況は回避したいですよね。

しかしウェビナーで参加者を集めるにはどうすればいいのでしょうか?

 

そこで今回はウェビナーの集客についてまとめてみました。

 

ウェビナーって何?

「そもそもウェビナーって何?」という方に向けて、最初にウェビナーについて説明したいと思います。

ウェビナーとはインターネットを介して配信するセミナーです。

ウェブセミナーを略してウェビナーで、他にもオンラインセミナーと呼ばれることがあります。

リアルタイム配信も録画配信も可能で、参加者の居場所に関わらず配信/視聴が可能なため、企業の説明会や社内研修、株主総会、製品説明会など様々なシーンで用いられます

 

ウェビナーの良さは何といってもそのROIの高さです。

オフラインセミナーと違い、セミナー会場の準備や会場への移動費が必要ありません。

さらにセミナー当日の受付や誘導係なども必要ないため少ない人員で運営でき、人件費を削減することができます。

オフラインセミナーでは資料は印刷して参加者に配ることが多いのですが、ウェビナーならウェブ上でデータを共有するだけですので印刷費も必要ありません。

そしてウェブ上で配信するため、参加者が「距離の問題で参加できない」ということがなく、参加者を集めやすいのです。

ウェビナーは低コストでありながら集客力が高く、結果としてROIが高くなるというわけです。

 

さらにウェビナーは一度録画してしまえば何度でも使いまわせるという点もあり、定期的に同じ内容のセミナーを開催する企業にとって工数削減になります。

東京にいる人と大阪にいる人を相手に同時にセミナーを配信することができますので、今まで遠くてセミナー開催を諦めていた地域の人と接触するチャンスも得られます。

 

オフラインではできなかったことがウェブの力を使ってできるようになったウェビナーは、このように多くのメリットを企業に与えてくれます。

そこで最近では業種問わず多くの企業がウェビナーを利用するようになりました。

しかしウェビナーを配信しようと思っても参加者が集まらなかったら残念ですよね。

せっかく遠い地域の人にも参加してもらえる環境ではあっても、実際に参加してもらわなければ意味がありません。

そこでウェビナーの集客方法について、どのような方法があるのか、何ができるのかをまとめてみました。

 

ウェビナーの集客方法

ウェビナーはウェブ上で行うセミナーです。

つまりインターネット環境が整っていて、かつウェブから情報を得ることにある程度慣れている人をターゲットにした方が参加してもらいやすくなります。

そこでそのような人が集まっている場所で集客するとウェビナーの参加者が集まりやすいと思いませんか?

では一体どこにウェビナーに参加してくれそうな人が集まっているのでしょうか?

 

答えは簡単、ウェブ上です。

 

ウェビナーの集客はウェブ上で行うのが適しています。

具体的にどのようなウェビナーの集客方法が考えられるか挙げてみました。

 

自社ホームページ

まずは自社ホームページです。

自社ホームページには、企業やサービスに興味関心のある人が訪れます

興味のある企業や商品の公式ページで情報を集めたいわけですから、そこでテキストよりも情報が伝わりやすい動画コンテンツがあると、ホームページの訪問者視点で見て大変便利です。

自社ホームページでウェビナーの集客をするのは基本中の基本と言えますね。

 

自社SNSアカウント

次が自社SNSアカウントでのウェビナー集客です。

最近では企業が積極的にSNSを利用して情報発信をする例が多く見られます。

TwitterやSNS、Instagramなどを駆使して、ときには「中の人」と呼ばれる担当者のキャラクターに人気が出て話題になることもあります。

 

SNSの強みは何といっても拡散力です。

自社SNSで発信した情報が他の人にシェアされることで、さらに広範囲に広がっていきます。

自社ホームページに訪れるユーザーは能動的に情報を集めているユーザーですが、SNSで広がることで潜在的なウェビナー参加者候補にアプローチすることができます。

 

またSNSごとにユーザー属性や向き不向きがあるため、適切なSNSを選択すれば自社に合ったユーザーを集めやすくなります

TwitterではtoC向けの商品の宣伝などに向いていますが、企業向けのウェビナーの宣伝ならFacebookやビジネスSNSのLinkedInが向いています。

ウェビナーの内容によってはターゲットを集めやすいSNSがあるかもしれません。

 

メールマガジン

3番目に挙げるのはメールマガジンです。

過去に問い合わせやユーザー登録した際に利用されたメールアドレス宛に、ウェビナーを紹介するメルマガを送ります。

また名刺管理アプリなどを利用している場合は簡単にメールアドレスの一覧を作成してメールを送ることができますので、そのようなツールを利用してもいいでしょう。

何にしても問い合わせや名刺交換をした相手のリストは、あなたの企業やサービスに興味関心を持っている可能性の高い人のリストです。

過去に関わり今では交流がなくても、メルマガを送ることで存在を思い出してもらい、関係が復活するかもしれません。

 

さらにメルマガは検証テストができます。

どういうことかと言うと、リストを2つか3つに分けて、メールタイトルや本文、配信時間などを変えて反応率が一番良かった条件を確かめるのです。

繰り返していけば、より効率よくウェビナーの集客ができるようになります。

 

ウェブ広告

次に挙げるのはつい頭から抜けがちですが、ウェブ広告を使ったウェビナー集客です。

先に紹介した自社ホームページ、SNS、メルマガはお金を掛けずにできる集客方法です(作業する人の人件費やサイトの維持費などは別とします)。

一方ウェブ広告では費用が掛かりますので、つい最初のころはいかにお金を掛けずに集客するかを考えて避けてしまいがちです。

しかしウェビナーはそもそもオフラインセミナーよりも低コストでセミナーを開催できる手法です。

費用が浮いた分、集客にお金を使ってもよいとは思いませんか?

 

ウェブ広告は種類が様々あります。

バナー広告、動画広告、リスティング広告、SNS広告など年々種類も増えており、できることが増えてきています。

中には一度自社サイトに訪れたことのある人を追いかけることのできる広告もありますし、年齢や性別、関心によって広告を露出するターゲットを絞れるものもあります。

しかもウェブ広告では効果計測ができるので、いくら掛けて、何人集客できたかを数値として確かめることができます。

狙いたい層に向けてウェビナーの宣伝をしやすい集客方法だと言えます。

 

セミナーのポータルサイト

セミナーのポータルサイトを利用する人は積極的にそのような機会を探している人ですので、セミナーへの参加意欲が元々高いと考えられます。

サイトによっては過去の参加者の口コミや感想を掲載しているサイトもあるので、質のよりウェビナーができれば高評価の口コミ・感想を書いてもらえて、さらなる集客に繋げられる可能性があります。

 

オフラインセミナーと一緒に集客する

最後にご紹介するのはウェブ上での集客する方法とは少し異なりますが、ウェビナーの集客をする上でのマル秘テクニックです。

それはウェビナーの集客をオフラインセミナーの集客と一緒に行うことです。

オフラインセミナーの募集要項を見て興味を持ったものの、時間や場所の都合で断念したという経験はないでしょうか。

そのときに、いつでもどこでも視聴できるウェビナーという選択肢が提示されれば、セミナー参加を諦めてしまっていたユーザーを逃すことなく囲い込むことができます

 

ウェビナーを配信するツールの中には、ウェビナーだけでなくオフラインセミナーも同時に管理できるものがあります。

オフラインとウェブの両方で同時開催することで講師の手間はなく、倍以上の集客が見込めます。

さらに録画してしまえば何度でも再利用が可能です。

一石二鳥どころか三鳥といったテクニックといえますね。

このようなオフラインセミナーとウェビナー両方を管理できるプラットフォームとして、日本ではネクプロがあります。

すでにオフラインセミナーを開催していて集客で困っている方は、このような手法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

>>同時開催ソリューション「ネクプロ」の詳細をチェック<<

 

ウェビナーの集客のポイント

ウェビナーの集客方法について例を挙げさせていただきました。

その集客方法で参加者を集めるとしても、集め方次第で結果が変わります。

そこで次にウェビナーの集客のポイントをご紹介したいと思います。

 

ウェビナーのコンセプトをはっきりさせる

まずは開催するウェビナーのコンセプトを必ずはっきりさせてから集客の段階に移ってください。

なぜならコンセプトが決まっていなければ集めるべきターゲットが定まらないからです。

例えばITスキルに関するウェビナーを配信するとして、初心者向けの内容なのか上級者向けの内容なのかが決まっていなけれあ集めるべき人、そして集める方法が定まりません。

せっかくウェビナーの集客に向いている方法や媒体があっても、集客効果が落ちてしまいます。

 

ウェビナー参加によるメリットを明確に伝える

次のポイントは、そのウェビナーに参加することで得られるメリットを明確に伝えるということです。

ウェビナーの宣伝を見てもらっても、ウェビナー自体に価値を感じてもらわなければ参加してもらえません

例えば次の2つのウェビナー紹介文を比べてみましょう。

 

<A>

この度、話し方を向上させるセミナーをウェブで配信します。

講師は田中太郎さん。

大変ためになるお話が聞けますので、ぜひぜひご参加ください!

営業力や恋愛力、人との会話で困っている方は必見です!

 

<B>

「お客様と話が弾まない……」

「相手に伝えたいことが伝わらないことが多い……」

 

こんな悩みを抱えていないでしょうか?

 

実は話し方のコツさえ掴んでしまえば、どんな内容でも話が弾んで相手に気に入ってもらえるようになるのです!

 

そんな話し方のコツを教えるセミナーが開催されます。

講師は著書「たった1つの工夫で売れる営業マンになる」で有名な田中太郎さん。

当日は、

 

  • よくある伝わらない話し方
  • みんなが誤解しているコミュニケーション
  • 〇〇を変えるだけで相手の反応が変わる  ・・・etc.

 

豊富なコンテンツをギュッと90分にまとめてお送りします。

セミナーは視聴しやすいウェブ配信!

限定100名までのセミナーですので、お早めにお申し込みください!

 

どちらが視聴したいと思えたでしょうか?

恐らくBの方ではないでしょうか?

このように誰向けか、視聴することでどのようなメリットがあるのか、どのようなコンテンツが用意されているのか、セミナー講師がどのような人か、参加のしやすさと限定というアピールなどを盛り込むことで、ターゲットの参加意欲を強めましょう。

自分にとってメリットがなければ人は耳を傾けてはくれません。

 

事前に参考資料の一部公開する

ウェビナー当日までに、レジュメなどの一部の簡単な参考資料を公開しておくことで、様々な効果があります。

既にウェビナー参加の予約をしていただいた方には、当日の流れを事前に理解することができ、話に集中することができます。
また、ウェビナーに参加するかどうか悩んでいる方には、事前に公開した資料などを見て興味を持って頂き、参加を促すこともできます。

このように、参加者の方の不安を取り除くための工夫をすることで、ウェビナーの集客に繋がります

 

応募方法をわかりやすくする

申し込みフォームを分かりやすくしておきましょう。

無駄な入力内容が存在していたり、申込みフォームの配置が悪かったりすると参加者の応募意欲に関わります。

誰が見ても簡単に申し込んでもらえるような設計を心掛けましょう。

 

ウェビナー開催後にアンケートをとる

最後に紹介するポイントとして、ウェビナーの開催後にアンケートをとることをおすすめします。

あるルートでウェビナー開催を知った人が何人いて、その人たちにはどのくらい満足してもらえたのか、商品の購入や契約に至ったのは何人かを把握することで、今後の集客やウェビナーの内容自体の見直しに活かすことができます

多くの人を集められる方法が見つかっても、それが最終的な目的である商品購入や契約などに結びついていなかったら、ウェビナーを開催した意味がないですよね。

ウェビナーの開催にも集客にも費用を掛けるわけですから、結果をきちんと数値として落とし込んで振り返るようにしましょう。

 

おすすめのウェビナーツール

おすすめのウェビナーツールをご紹介します。

ウェビナーを配信ツールは世の中にたくさんありますが、その中でツール提供と一緒にウェビナー集客の支援をおこなってくれるサービスをピックアップしてみました。

 

ネクプロ

ネクプロはシンプルで簡単な操作、低価格でウェビナー配信をできるツールです。

なんと初心者向けライトプランなら月額5,000円~で利用できます。

特別な機器を用意する必要もなく初心者でも安心して利用できます。

初心者やウェビナーが不安な方でも安心して利用できる理由の1つが、セミナーの企画や集客、当日の運営、開催後の分析まで、ウェビナー開催に関するすべてを一貫してサポートしてくれる点です。

医療機器やフランチャイズ、マーケティングなど様々な分野での実績がありますので、集客に関するノウハウもしっかりしていると思います。

企画はイベント企画の会社、集客は広告代理店、配信ツールはウェビナーツールの会社、当日の配信は社内、と分けてしまうと連携を取るのが難しいです。

ネクプロなら1社でトータルサポートが可能ですから、その点も面倒がなくおすすめするポイントです。

公開されている導入企業の例を見ると、世界的な計測機器メーカーや国内の有名企業、大学などで利用されています。

業界問わず、様々な用途に使えるウェビナーツールということですね。

マイナビ社のネクプロ活用事例は記事にもなっているので、使用感や機能面なども参考になると思います。

参考記事:
ウェビナーとは?マーケティングで今注目のネクプロを試してみた

 

デモ版もあるので是非試してみましょう。

 

>>ネクプロの詳細をチェックする<<

 

ネクプロなら実際にウェビナーを体験しながら製品詳細をチェックできます。

ウェビナーを視聴しながら営業担当者とチャットで質疑応答ができるので、疑問や不安を解消することもできます!

ウェビナー体験&製品詳細チェックはこちら

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

V-CUBE(ブイキューブ)

V-CUBE(ブイキューブ)は配信サポートや専用スタジオも利用できるウェビナーツールです。

ノウハウがない人でもウェビナーが配信できるように、専門スタッフによる事前・当日・事後のサポートが受けられます。

また、ウェビナーツールも聞きやすさや見やすさなどに配慮されており、参加者視点で見ても高品質なツールです。

365日24時間体制でサポートしてくれるのも安心できますね。

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

ウェビナーの集客に困ったら導入事例を参考に!

ウェビナーの集客に困っている場合は、前述した内容以外に導入事例もチェックしてみるといいでしょう。

実際にウェビナーを実施した経験者の話だからこそ、成功のポイント・失敗のポイントが見えてきます。

ウェビナー導入事例をダウンロードできるサイトもあるので、ウェビナーを実施する前にぜひチェックしておきましょう!

◆◇◆ウェビナー成功導入事例集のダウンロードはこちら◆◇◆

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウェビナーを始めてみたい!」
「でもどのwebセミナーツールを選べばいいの?」
そのような方に向けてウェビナーツールの比較を行いました。

>>【比較】ウェビナー・webセミナーツール10選!各ウェビナー・webセミナーツールの強みやポイントは?<<