方法

webセミナーの方法イロハ。webセミナーを成功させるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン上でセミナーが開催できる、便利でお得な「webセミナー」をご存知でしょうか。

webセミナーなら、「会場利用費カット」、「どこででも参加できるため、集客アップが期待できる」といった、さまざまなメリットがあります。

 

今回は、webセミナーを初めて導入したい方向けに、webセミナーの方法についてご紹介します。

webセミナーツールの探し方のコツや導入のための手順、集客をアップさせるための「webセミナーのポイント」、おすすめのwebセミナーツールを順にご紹介します。

 

webセミナーとは

webセミナーとは、「オンライン上で開催するセミナー」のことです。

参加者はパソコンやスマホから、インターネットに繋ぐことさえできれば、どこにいても参加が可能です。

交通費無料なので集客アップも見込めるとして、今非常に注目されています

 

従来の会場に皆で集まって開くオフラインセミナーと比べ、webセミナーなら、

 

  • 会場利用料カット、会場予約などの手間カット
  • 開催者、参加者共に交通費カット
  • 遠方でも参加できるため、集客アップが期待できる
  • セミナー資料印刷費、手間カット
  • 会場での受付作業の人件費カット

 

といった、さまざまなメリットがあります。

 

とっても便利なwebセミナー。

それでは、webセミナーをお得に導入するための方法と手順をご説明します。

 

webセミナーの方法・手順は?

今までオフラインでセミナーを開催していた方にとって、いきなりwebに移行するというのはハードルを感じてしまうかもしれませんね。

しかしwebセミナーの方法をしっかり把握しておけば簡単です。

それではwebセミナーの方法、手順について説明していきたいと思います。

 

開催前に内容を確定する

開催したいwebセミナーの内容を明確にしましょう。

  • 開催頻度
  • 配信時間
  • 集客人数
  • セミナーの内容

これらがはっきりしてくると、ぴったりのwebセミナーツールが見えてきます。

 

開催頻度

月に何回開催したいのか、頻度を最初に具体的にしてください。

開催頻度に応じて、お得なwebセミナーツールが変わってきます。

「10,000人規模の就職説明会セミナーを年に一度だけ」など、具体的に回数を決めましょう。

 

配信時間

開催頻度と合わせて、配信時間も明確にしてください。

月や年に何時間、何回開催するのか書き出しましょう。

 

集客人数

webセミナーツールには、一度に参加できる人数に上限があります。

料金は、人数が少ないほど安くなり、多いほど高くなるのが一般的です。

webセミナーツールの許容人数が実際の参加希望者より少なすぎた、ということにならないように、集客人数をしっかり想定してください。

 

セミナーの内容

webセミナーツールには①リアルタイム配信、②録画配信、の2種類の配信方法があります。

セミナーの内容によって、配信方法を選ぶ必要があります。

 

例えば、

「内容の変わる社外向けセミナー」 ⇒ リアルタイム配信

「過去の社内研修動画を利用したセミナー」 ⇒ 録画配信

など、セミナーの内容によって得意な配信方法があります。

 

webセミナーのツールを探す

webセミナーの内容を具体的にしたら、条件に合うツールを探しましょう。

 

webセミナーツールの資料を取り寄せる

各社から無料の資料を取り寄せ、料金などを比較しましょう。

 

機能に注意する

webセミナーツールには、配信だけではなく、

  • 参加者とコミュニケーションがとれるチャットやアンケート機能
  • 配信後の参加者アンケート分析
  • 配信前の集客サポート
  • セミナー動画の録画機能
  • 資料配布機能
  • イベント管理機能

などの機能があります。

リアルタイム配信のとき、「チャット機能」があると便利ですよね。

このように、欲しい機能がもともと備わっている、もしくは追加できるかチェックしましょう。

 

参加者を募集する

参加者の募集方法は、

  • 魅力的なwebセミナー募集ページを作る
  • 企業HPにセミナー開催の告知をする
  • 過去の参加者への広報活動
  • 公式TwitterやFacebookでの広報活動

などが挙げられます。

集客の注意ポイントについては、「webセミナーのポイント」で詳しくお伝えします。

 

開催前に配信テストを行う

開催前に、配信テストを行いましょう。

参加者の目線から、セミナーの進行に問題がないか、操作は簡単かどうかをチェックできます。

 

開催後に参加者をフォローする

ただ開催するだけでなく、開催後にアンケートや満足度を確認しましょう。

満足いただけなかった参加者へのフォローも検討するなど、アフターフォローを大切にすることが集客アップにつながります。

 

webセミナーのポイントは?

募集が終わったら、いよいよwebセミナーの配信です。

では、webセミナーを運営する上でぜひ気を付けたいことをご説明しますね。

 

webセミナーの目的を明確にする

開催したいwebセミナーの目的とはなんでしょうか。最終的に参加者にどう行動してもらいたいのかゴールを決めてください。

 

例えば、

 

「毎月定例の社内訓示セミナー」

⇒社員が、今月の社内目標実現のため、具体的に行動する

 

と言ったように、ゴールを明確にすると、伝えなければいけないポイントが見えてきます

ポイントを意識したセミナー内容作りが大切です。

 

話者の見た目や話し方を高める

webセミナーでは、話者の見た目や話し方が重要。

対面しているときはよくても、小さな画面に映ったときの見え方はどうでしょうか。

 

配信テストで、

  • 清潔感ある服装、髪型
  • 聞き取りやすい速度、声量

であるかどうかをチェックしてください。

 

インターネット環境を整える

配信にはインターネット環境が必要です。

  • 配信用カメラ
  • 配信ルーム

を用意。

もし自社で用意できない場合、配信用スタジオが使えるwebセミナーツールを選んでください。

 

参加者を集めるためにすべきことをする

参加者募集の時、webセミナーでは、

  • 魅力的な募集ページ
  • 簡単な応募方法
  • 過去の参加者への広報活動
  • 開催前のリマインド通知

などが重要となってきます。

 

魅力的な募集ページ

募集ページはwebセミナーの「顔」。

これを見て、参加者は参加するかどうかを決めます。

  • 開催者が誰か
  • webセミナーを受けるメリット
  • セミナーの内容
  • 応募フォームの位置

を、簡潔な文章でお知らせしましょう。

自社での作成が難しい場合は、オプションで作成してくれるwebセミナーツールもあります。

 

簡単な応募方法

応募が複雑だと、集客がしにくくなります。

  • 応募方法は簡単に
  • 応募フォームはわかりやすい場所に置く
  • 支払方法はわかりやすくする

という点に注意しましょう。

 

過去の参加者への広報活動

今まで行ったオフラインセミナーを含める、全てのセミナー参加者への広報活動も大切です。

余裕をもった広報活動を行いましょう。

 

開催前のリマインド

webセミナーは、どこにいても参加できるからか、参加時間を忘れてしまいがち。

それを防ぐためにも、前日や当日に参加者へリマインド通知を送ってください。

 

開催後は費用対効果を確認する

開催後に、webセミナーを開催したことによる実際の費用対効果を確認が重要です。

  • 過去のオフラインセミナーでの利益
  • webセミナーに移行した場合の今回の利益

を計算し、把握しましょう。

費用対効果を把握することで、次回セミナーに活かすことができます。

 

おすすめのwebセミナーツール

便利な機能が豊富なwebセミナーツールや、幅広い料金設定プランのwebセミナーツールを厳選してお届けします。

それでは、詳しく見ていきます。

 

ネクプロ

ネクプロは、オフラインセミナーとwebセミナーを「並行管理」できる珍しいwebセミナーツールです。

配信前後のサポートも充実しており、初心者におすすめです。

 

おすすめポイント:

  • 配信前後のサポートオプションが充実している
  • オフラインセミナー、webセミナーの同時並行管理が可能
  • コンテンツマーケティングにも活用できる

 

ネクプロでは、

  • 事前準備 ⇒ 参加者への開催前リマインド通知
  • 事後作業 ⇒ セミナーの感想アンケート集計、分析

など、煩雑な配信以外の事務作業のサポートが充実しています。

webセミナーの運営ってどうしたらいいのかわからない、という方におすすめですよ。

 

また以前に開催していたオフラインセミナーと、webセミナーをまとめて管理できる嬉しい機能がついています。

移行も同時管理もスムーズにしたい方にぴったりのwebセミナーツールといえるでしょう。

さらに資料配布や動画配信ができることを活かして、情報発信の場として活用することもできます。

 

標準機能:

  • チャット機能
  • チャット、アンケート内容分析
  • 受講者管理
  • 配信時同行サービス
  • スタジオ利用
  • 録画機能
  • 申込管理
  • 履歴管理
  • 動画配信
  • 資料配信

 

金額:

ライトプラン:月額5,000円~

スタンダードプラン・プレミアムプラン:月額48,000円~

 

こんな人におすすめ
  • webセミナーの運営に不安がある方
  • オフラインセミナーからwebセミナーに移行したい方
  • オフラインセミナーとwebセミナーの両方を開催したい方
  • 情報提供のオウンドメディアを作りたい方

 

導入企業例を見ると有名な会社や大学も利用しているので、機能や価格など、導入しやすいウェビナーツールなのでしょう。

マイナビ社のネクプロ活用事例は記事にもなっているので、使用感や機能面なども参考になると思います。

参考記事:
ウェビナーとは?マーケティングで今注目のネクプロを試してみた

これらの企業や大学が配信するウェビナーを見たことある方は、ネクプロの利用イメージが湧きやすいかもしれませんね。

 

>>ネクプロの詳細をチェックする<<

 

ネクプロなら実際にウェビナーを体験しながら製品詳細をチェックできます。

ウェビナーを視聴しながら営業担当者とチャットで質疑応答ができるので、疑問や不安を解消することもできます!

ウェビナー体験&製品詳細チェックはこちら

 

また導入事例も公開中です。要チェック!

◆◇◆ウェビナー成功導入事例集のダウンロードはこちら◆◇◆

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

V-cube(ブイキューブ)

V-cube(ブイキューブ)は「豊富なカスタマイズ」と、「堅固なセキュリティの配信環境」が特徴のwebセミナーツール。

web会議クラウドツール市場で10年連続シェアNO.1。

webセミナーの分野でも、その豊富な実績を活かした、質の高いwebセミナーツールを提供しています。

 

おすすめポイント:

  • 専用スタジオ、専門スタッフ完備の安心の配信環境
  • 機能や集客サポートなどが充実

 

V-cube(ブイキューブ)なら、配信環境がない場合でも、配信設備が整った専門スタジオで配信ができます。

また、集客のための募集ページや、配信オプションも、要望に合わせて柔軟にカスタマイズが可能です。

webセミナーの集客に不安のある方にも安心です。

 

機能:

  • チャット機能
  • アンケート機能
  • 資料アップデート
  • 24時間365日サポート
  • Office 365 連携
  • 配信時同行サービス
  • その他必要に応じた独自カスタマイズ可能

 

金額:

都度見積もり

 

こんな人におすすめ
  • 自社での配信に不安がある
  • 集客やオプション機能での手厚いサポートを受けたい

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

GigaCast(ギガキャスト)

GigaCast(ギガキャスト)は、「4つのお得な料金プラン」が特徴。

開催頻度に応じてお得な価格設定をしています。

プリペイドプランで必要な分だけ開催できるのも魅力です。

 

おすすめポイント:

  • 開催頻度によってお得な4つの料金プラン
  • リアルタイム配信時に便利なオプション機能が充実

 

GigaCast(ギガキャスト)は

  • チャット機能
  • YES/NO機能

など、参加者とのコミュニケーション機能が充実しています。

リアルタイム配信でとても便利につかえるwebセミナーツールです。

 

また、GigaCast(ギガキャスト)では、「4つのお得な料金プラン」があり、開催頻度によって選ぶことができます。

 

①プリペイド制 ……webセミナー開催時、利用料に応じてポイントを消費していくプリペイド制プラン

⇒「webセミナー開催が不定期」な人におすすめ

 

②月額固定ポイント制

⇒「webセミナー開催が毎月定期的」な人におすすめ

 

③月額固定(時間帯指定プラン)……開催時間帯を固定、時間帯内の開催自由

⇒「webセミナー開催頻度が高く、時間帯は固定」という人におすすめ

 

④ワンショット利用……集客人数上限が6,000人の大規模プラン

⇒「webセミナーの開催は年に数回程度だが、集客人数が多い」人におすすめ

 

機能:

  • チャット機能
  • 個別質問機能
  • アンケート機能
  • セミナー資料アップロード
  • ライブ配信支援
  • アンケート内容分析
  • 録画機能
  • YES/NOボタン

 

金額:

 

こんな人におすすめ
  • 開催頻度が不定期なので使いたい分だけお得に利用したい
  • 参加者とコミュニケーションがしやすいオプション機能を探している

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

方法やポイントを知ればwebセミナーは難しくない!

webセミナーの方法イロハをまとめます。

 

webセミナーの方法、手順は、

  • 開催前に内容を確定する
  • webセミナーのツールを探す
  • 参加者を募集する
  • 開催前に配信テストを行う
  • 開催後に参加者をフォローする

という流れで行います。

 

webセミナーの成功のためのポイントは、

  • webセミナーの目的を明確にする
  • 読者の見た目や話し方を高める
  • インターネット環境を整える
  • 参加者を集めるためにすべきことをする
  • 開催後は費用対効果を確認する

という点に注意し、満足度の高いwebセミナーを開催しましょう。

 

  • ネクプロ
  • V-cube(ブイキューブ)
  • GigaCast(ギガキャスト)

 

はおすすめのwebセミナーツールです。

まずは、無料の資料取り寄せで製品を比較してみることをおすすめします。

 

効果的にポイントを意識して行えば、収益アップが期待できるwebセミナー。

開催したいwebセミナーにぴったりのwebセミナーシステムを導入してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウェビナーを始めてみたい!」
「でもどのwebセミナーツールを選べばいいの?」
そのような方に向けてウェビナーツールの比較を行いました。

>>【比較】ウェビナー・webセミナーツール10選!各ウェビナー・webセミナーツールの強みやポイントは?<<