方法

ウェビナーで録画をうまく活用するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェビナーとは、「Web」と「セミナー」を合わせた言葉で、オンライン配信でセミナーを行うことを言います。

新型コロナの影響でますます需要が高まる中、ウェビナーの活用を考えている人も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、ウェビナー動画の録画機能を使った配信方法についてご紹介していきます。

実際にどのように録画配信を行えばいいのか、具体的な方法から抑えておきたいポイントまでご説明いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ウェビナーの種類

まず、ウェビナーで配信するには、リアルタイムで配信する方法と、あらかじめ録画したものを配信する2つの方法があります。順に見ていきましょう。

 

リアルタイム配信

決まった時間に撮影や録音をしながら生放送を行う形式を取るのがリアルタイム配信です。

リアルタイム配信は、カメラを回すと同時に配信も行う「撮って出し」方式ということになります。

指定した時間帯に配信をするので、実際にその場でセミナーをしているかのような臨場感やライブ感を演出することができます。

また、当然講師や進行役の方々は視聴者の画面の向こうに存在しているので、両者の間でコミュニケーションが成り立ち、臨場感のあるセミナーを開催できます。

例えば、疑問点があるかどうか質問を募って即座に回答したり、講師が視聴者に向けて質問を投げかけたりすることもできます。

リアルタイムならでのライブ感や即座なフィードバックを求めている方にはおすすめの配信形式です。

一方、リアルタイムでの配信なので現場でのトラブルや内容のクオリティをコントロールすることが難しくなるというデメリットもあります。

 

録画配信

録画配信は、事前に撮影した動画や編集を加えたものを配信する方法です。

リアルタイム配信とは異なり、1度セミナー内容を動画にしてしまえば何回でも配信することができます。

また、編集可能であるという利点から、コンテンツ内容の充実度を高めることができるという利点があります。

さらに、リアルタイム配信は決まった時間にしか視聴できませんが、あらかじめ録画されたものであり24時間いつでも試聴できる録画配信を行うことでより多くの人に見てもらいやすくなります。

デメリットとしては録画した動画を編集するスキルや時間を確保しなければならない、内容を工夫しなければ視聴者の集中力を維持できない、ということが挙げられます。

なお、録画配信であっても参加者からのコメントは表示されるので、顧客からのリアクションや興味の高さなどを知ることは可能です。

より多くの顧客に質の高いコンテンツを確実に届けたいという方には録画配信がおすすめです。

 

録画配信ウェビナーが向いているケース

ここでは、録画配信のウェビナーが適しているケースをご紹介します。

 

毎回同じコンテンツのセミナーを実施している

セミナーの内容が毎回特に変わらないという場合、ウェビナー用の動画を1度録画しておくことで、何度も配信することができます。

毎回セミナーを行う労力と時間を節約することができ、費用対効果が高くなるでしょう。

特に、セミナーの内容がシリーズ化されていて数が多い場合、一連の内容を視聴者が順番通り見られるようにすることで、顧客や視聴者を長期的に引き込むことが可能です。

また、配信者である講師の方々にとっても、何回も同じ内容のセミナーを行うことは一種のストレスになりかねません。

そして、うまくいった回のものを再利用することによって、失敗のリスクや労力を抑えることができます。

配信内容に関しても実際に自分で確認してから配信することが可能になるので、クオリティの高いコンテンツを確実に届けることができるでしょう。

 

人による対応が難しいタイミングでの問い合わせに対応したい

ウェビナーを行う際、場合によってはチャット機能などを活用し、参加者と双方向でコミュニケーションをとることがあります。

このとき、セミナーを行っている講師やパネラーが全ての問い合わせにリアルタイムで対応することは難しく、進行が妨げられる可能性もあります。

質問が通常より多い場合、チャットに書かれた質問やコメントを見落とすことも度々起こります。

イレギュラーな事態に対応するためにも、録画配信であれば確実にさまざまな問い合わせの対応に専念することができるので安心です。

また、その場で答えるのが難しい質問や意見などについても、後々しっかりと確認したうえで対応することが可能です。

 

さらに24時間いつでも配信可能なウェビナーを用意しておき、ホームページからの問い合わせに対してその動画のURLを自動返信することで、深夜帯の問い合わせに対してウェビナーを用いて対応するということが可能です。

ウェビナーを見てもらい、翌日の昼に人による対応を行えばよいのです。

 

理解度を深めるために何度も見返したい人が多い

録画配信は、セミナーの内容を何度も見返したいと考えている視聴者が多い場合、非常に効果的です。

特にセミナー配信時間が長く中身が濃いものほど、もう1度見直して要点やポイントを抑えたいと思う視聴者も多いはずです。

また、好きな時間に何度でも巻き戻しながら見られる点においても、録画配信は確実に情報を届けることができるというメリットがあります。

もし、機密性の高い情報やあまり見せたくない箇所がある場合には、閲覧期間を限定することや、セミナー内容を一部編集することによって配信することができます。

確実にセミナーの内容を理解して欲しいという場合に有効です。

 

ウェビナーの録画配信のポイント

実際にウェビナーを使った録画配信を行う際、おさえておきたいポイントがいくつかあります。

視聴者に満足してもらえる配信を行えるようぜひ実践してみてください。

 

字幕や映像の切り替えなどの編集で分かりやすさを追求する

1度録画した動画にほんの少しの編集を加えるだけで、一段と視聴者に伝わりやすくなります。

代表的な方法は、動画に字幕をつける方法です。

全てのセリフに字幕をつけることができたら申し分ありませんが、聞き取りにくい箇所や特に重要なポイントのみを字幕で補うだけでも内容が一気に伝わりやすくなります

最近では、自動字幕起こしアプリや翻訳ツールなども充実しているので、それらをうまく活用するのも手です。

 

また、1つのカットで配信し続けると視聴者が飽きてしまうことも考えられるため、講師が話している画面とスライド画面を編集で切り替えたり、ズームイン・ズームアウト機能などを使ったりすることでより視聴者を引き込むことができるでしょう。

内容に沿って再現VTRや効果音、音楽などを効果的に付与することで、視聴者の満足度を上げることも可能です。

これはリアルタイム配信ではまずできないことなので、録画配信の大きなメリットです。

 

録画内容を分かりやすく整理し、内容に更新があれば即座にブラッシュアップする

1度録画したものは何回でも配信することができますが、定期的に内容をブラッシュアップしていける体制を整えることが大切です。

情報化社会である現代は、情報の移り変わりが素早く、特にオンラインの情報については日付が古いものから次々と見捨てられてしまう傾向にあります。

また、セミナー内容も日々変化していくでしょう。

そこで、1度録画したものをずっと使い回すというよりは、内容を目次などで分類し、いつでも入れ替えたり新しいものを挿入したりできるよう録画内容を整理しておくことをおすすめします

また、内容に更新があれば常に新しく録画をすることも大切です。

セミナーのコンテンツ自体を常に最新バージョンへアップデートし、スピーディーに届けられるよう万全な体制を整えておくようにしましょう。

 

視聴時間やウェビナー後のアンケートで改善点を探す

ウェビナーを配信した後には必ずアンケートとり、視聴者の反応から改善点を探るようにしましょう。

どんな内容のセミナーであれ、コンテンツのクオリティや開催時間の長さが適切ではない場合、多くの人に見てもらうことはできません。

内容を改善するには、作り手側で考えるだけではなく視聴者目線のフィードバックが最も参考になります

内容に関する満足度や、視聴者が他に知りたいトピック、より工夫して欲しいことなど、常にアンケートで尋ねるようにしましょう。

 

また、アンケートの使用はマーケティング戦略としても有効です。

どんな年代のどの職種の人が見ているかなど、貴重なデータを収集することができるので、利用しない手はありません。

 

録画の機材は高くなくてもOK

ウェビナーの録画にはカメラなどの高い機材が必要かと思われる方も多いと思いますが、実際にはそれほど高額な機材は必要ありません。

画質や音質にこだわらなければ、カメラ・マイクが内蔵されているパソコン1台でも録画を行うことができます。

 

しかし、パソコンのスペックによっては音声が聞き取りにくく画質も粗くなってしまうため、多くの視聴者を獲得するのが難しくなってしまいます。

その場合は、外付けのWebカメラやマイクを接続することをオススメします。

どちらも1万円前後の価格でかなりクオリティの高い録画を行うことができます。

また、配信をする際に映像を動かしたい場合は、ズームイン・アウト機能を持つハンディカメラを選ぶことでより精度の高い撮影が可能となります。

いずれにせよ、数十万もする高額な機材は揃える必要はなく、手軽に配信を行えるのでぜひ試してみてください。

 

ウェビナーの録画配信ができるツール

録画配信の有用性を理解いただけたところで、録画配信に適したウェビナーツールを3つご紹介します。

 

ネクプロ

ネクプロとは、株式会社ネクプロが提供するウェビナーツールです。

リアルタイム配信はもちろん、録画した動画や資料をいつでもどこでも配信できるため、コンテンツマーケティングツールとしての活用が可能です。

 

また、ネクプロの大きな特徴は、オンライン・オフラインに関わらずイベント管理に利用することができる機能です。

セミナーに参加した見込み顧客が商談にまで至ったか、成約したか、などという一連の流れを全て一元管理できるのでビジネスを効率的に進めることができるでしょう。

セミナーを行う講師と営業の担当者が分かれており、連携してコンテンツを作ることが難しい場合など、顧客の情報をスムーズに社内で共有できるため、成約率を向上させることにも繋がります。

ネクプロは、ウェビナーを配信するだけではなく、配信して成果に繋げることまでを目的としている方には最適なツールとなるでしょう。

 

▼導入企業例

>>ネクプロの詳細をチェックする<<

 

ネクプロなら実際にウェビナー・webセミナーを体験しながら製品詳細をチェックできます。

ウェビナー・webセミナーを視聴しながら営業担当者とチャットで質疑応答ができるので、疑問や不安を解消することもできます!

ウェビナー体験&製品詳細チェックはこちら

 

導入事例もダウンロードして見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

◆◇◆ウェビナー成功導入事例集のダウンロードはこちら◆◇◆

 

wellcast(ウェルキャスト)

wellcast(ウェルキャスト)とは、合同会社selfreeが提供する企業向けのウェビナーツールです。

wellcast(ウェルキャスト)の大きな特徴としては、URL作成のみで手軽に配信を始めることができる点です。

また、ライブ配信の視聴者も同様にソフトウェアのインストールは不要で、URLをクリックだけで視聴できるため双方にとってハードルが低いというメリットがあります。

 

また、配信映像は録画をすることができて、ダウンロードも可能なのでセミナー参加者は後日セミナーを見直すことが可能で、参加できなかった人もダウンロードすればセミナー内容をチェックすることができます。

セミナーの主催者にとっても、録画配信で内容や立ち居振る舞いなどを客観的に振り返ることができるので、分析を継続的に行うことで、セミナーの質を向上させていくことができるでしょう。

 

オンラインセミナーは、通常の対面式のセミナーに比べるとかなりの低コストなのに加え、さらにwellcast(ウェルキャスト)は高額な初期導入費用は必要なく、セミナー配信や録画に利用した分だけ加算される従量課金制でスタートできます。

とにかく運用・導入コストをおさえて録画配信を行いたい方にはおすすめです。

 

GigaCast(ギガキャスト)

GigaCast(ギガキャスト)とは、ロゴスウェア株式会社提供する配信ツールです。

GigaCast(ギガキャスト)は企業での利用に特化して設計されているので、スライドを使ったプレゼン型セミナーのライブ配信に適しており、参加申し込みページやアンケート機能なども充実しています。

セミナー中の画面には資料がスライド形式で表示されるようになっており、講師の映像と視聴者全員がチャットできる画面もあります。

 

また、セミナーの告知や申し込みの対応、参加者の出席確認、招待メールの配信をスムーズに行うことができ、セミナー告知ページ・参加申し込みページ・アンケートの集計については自動で行えます。

もちろんセミナー動画はもちろん録画することができ、GigaCast(ギガキャスト)専用のクラウドを使ってオンデマンド配信をすることが可能です。

セミナーの事前準備の作業効率の向上や工数の削減を考えている方にはぴったりのツールです。

 

ウェビナーの録画配信を有効活用しよう

この記事では、ウェビナーの録画配信と録画配信のポイント、録画配信を実施する際におすすめのツールについてご紹介しました。

近年瞬く間に主流になりつつあるウェビナーですが、リアルタイムの配信だけではなく、録画配信を使うことによって効率的かつ確実により多くの人にセミナーを届けることができます。

今後はマーケティングの一環としても注目されるであろうウェビナーですが、セミナーの内容や目的に合わせて録画配信を有効的に活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウェビナーを始めてみたい!」
「でもどのwebセミナーツールを選べばいいの?」
そのような方に向けてウェビナーツールの比較を行いました。

>>【比較】ウェビナー・webセミナーツール10選!各ウェビナー・webセミナーツールの強みやポイントは?<<