方法

【ウェビナーの始め方】初心者がまず知るべきウェビナーの基礎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェビナーは始め方を知らなければうまくいきません。

現代では、効率の良い集客手段としてウェビナーを開催する企業が増加しています。

この記事では、ウェビナーを主催することに慣れていない会社が最初に知っておくべき予備知識や、始める際のポイントなどを解説します。

ウェビナー初心者へおすすめできる支援ツールも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

そもそもウェビナーとは?

ウェビナーとは、web上で開催するセミナーのことです。

動画配信サービスを活用して実施するセミナーなので、通信環境とPC、スマートフォンなどがあれば受講者は全国どこからでもウェビナーに参加できます。

もちろん、主催者も自社内から配信を行うことが可能です。

ライブ配信では担当者の顔や参考資料などを画面に映しながら話せるので、受講者は担当者の人柄や伝えたいことなどを細かく理解することができます。

配信サービスによってはコメント機能やチャットツールを使えるものもあるので、受講者と主催者がリアルタイムで意思疎通を行えます。

そして、ウェビナーのライブ配信を録画、もしくは事前に収録した動画を任意のタイミングで一般公開することもウェビナーとして数えられます。

一度記録した動画は何度でも再利用できるので、主催者と受講者はさまざまなメリットを受けることができます。

 

ウェビナーを始めるメリット4つ

セミナー会場に参加者を集める従来のセミナーに比べて、ウェビナーはさまざまなメリットがあります。

ここでは、新しくウェビナーを始めることによるメリットを4つの項目に分けてご紹介します。

 

費用対効果が圧倒的に高い

ウェビナーは従来の来場型セミナーに比べて会場費を抑えやすく、交通費もかかりません。

広告戦略が上手くできていれば来場型セミナーより集客数や売上を伸ばせるケースもあるので、ウェビナーは非常に費用対効果が高い営業手段といえます。

ウェビナーを開催するときは自社オフィスの1室を確保するだけで配信可能であり、配信用のPC、カメラ、マイク、そして通信環境を用意するだけで会場設営ができるので、機材の購入費用や人件費を抑えることが可能です。

受講者にとっても通信環境と端末があれば参加できるので、交通費や移動時間を気にすることなく気軽に参加できます。

担当者の顔が見える配信であれば会社の雰囲気や説明内容なども理解しやすいというメリットがあります。

 

録画配信が可能なので時間を選ばない

ウェビナーはライブ配信を録画、もしくは前もって収録した映像を録画配信としてアップロードすることが可能です。

録画配信は後からいつでも見られるので、曜日や時間を選ばず手軽に閲覧できます

主催者側もウェビナーに合わせてスケジュールを調整する手間を省けるほか、収録した動画を再チェックして編集する時間を確保できます。

そして、1度録画すれば何度でも再生できる関係上、社員紹介や会社紹介といった活用する頻度が高いコンテンツは録画配信にすると、1回分の撮影コストで複数回再利用することができます

更新頻度が低いコンテンツであるほど、録画配信によるコスト節減効果は大きくなります。

 

参加者のデータを獲得しやすい

ウェビナーは来場型セミナーよりも気軽に参加しやすく、主催者にとっては国内外から受講者を集められるというメリットがあります。

会社から遠くに住んでいたり、日中は多忙であったりする人を獲得する方法として、ウェビナーはおすすめできる方法です。

そして、リピーター獲得につながる情報として参加者のメールアドレス及び氏名を獲得できることも主催者にとってはメリットです。

自社のウェビナーへ1度参加した人は見込み客リストに追記しておいて、状況に応じて営業メールを送るようにすると一層営業効率が上がります。

 

参加者の行動を定量的に分析しやすい

使用する配信ツールによっては、参加者一人ひとりがウェビナーを何分間受講したか、誰がどういう質問をしたかなどを定量的に把握することができます

参加者からの要望や疑問等を集めて次回以降のウェビナーを改善するデータにしたり、自社への関心が高そうな参加者には後から営業メールを送ったりするといったことができるようになります。

 

ウェビナーの始め方

ウェビナーは適切に実践すればさまざまなメリットを受けられます。

ここでは、ウェビナーを始めるうえで知っておきたい流れや知識などを解説します。

 

ウェビナーの目的、ターゲット、内容を決める

ウェビナーを開催する際は、最初に目的とターゲットを決める必要があります。

基本的な方針が決まってから開催内容を考えていくようにすると、スムーズに企画を進めることができます。

例えば自社商品のシェア拡大を目的とする場合、ターゲットは新規顧客が主になります。

開催内容は新規顧客の購買意欲を高められるようなものにすると良い結果になりやすいです。

 

広告効果をより強くする方法として、ペルソナを設定するという方法があります。

マーケティングにおけるペルソナとは仮想顧客という意味で、商品やサービスを用いる相手を具体的に仮定することによってマーケティング効果を向上させる効果を得られます

顧客の性別、年代、学歴といった情報に加えて、職種、家族構成、収入といったところまで想定することがポイントです。

特定の顧客層に向けて集中的にアプローチを図りたいときにペルソナを設定すると目的を達成しやすくなります。

 

ウェビナーの配信ツール、道具を決める

開催内容が一通り決まったら、ウェビナーの実施に必要な配信ツールと周辺機器を取り揃えていきましょう。

配信ツールはチャットやアンケート機能などがしっかり揃っているものを選ぶことをおすすめします。

その他細かい機能や最大接続数といった要素については、自社の目的や都合に応じて提供元に問い合わせを行い、最適な配信ツールを選ぶようにしましょう

そして、撮影に用いる周辺機器を新しく揃える場合は外付け型Webカメラ、ピンマイク、撮影用ライトを揃えることをおすすめします。

画質や音質を向上させるだけでも、受講者へ与える印象は大幅に良くなります。

PCに内蔵されたカメラとスピーカーでも配信はできますが、配信テストをして画質や音質の悪さが気になるようであれば買い揃えることも検討してみましょう。

 

ウェビナーの参加者を集める

ウェビナーを実施する用意が整ったら、広告宣伝によって参加者を集める段階へ移っていきます。

自社ホームページやSNSアカウントなどで開催情報を発信していくほか、外部の動画サイトやホームページなどに広告を出稿するといった方法を幅広く用いて、多方面から参加者を募集することが大事です。

ウェビナーはweb上で実施する営業活動なので、基本的にはオンライン広告を活用することをおすすめします。

そして、ウェビナーへの参加申し込みを行う入力フォームも忘れずに作成しておきましょう。

各種広告からアクセスしてきた人が気軽に応募できるように、自社サイト内の分かりやすい場所へ入力フォームを配置する必要があります。

もしくは、広告から直接応募ができるページにリンクを設定するという方法も考えられます。

 

ウェビナーの練習・配信テストを十分に行う

ライブ配信である場合、開催前日までに音声や映像の調整を必ずしておきましょう。

用意した機材は上手く使えるか、配信するときにネット回線が不安定にならないか等をしっかりと確認することで当日に配信トラブルが起きる可能性を抑えることができます。

もちろん、用意したトークスクリプトやスライド資料などを上手く活用できるように配信テストを実施しておくことも大事です。

ウェビナーでは受講者の興味がいったん離れたら退席されてしまうリスクがあるので、営業担当者は話の進め方や本題に移るタイミングなどを慎重に図る必要があります。

録画配信であれば、公開前に編集した映像や音声が途切れていないかを入念に確認してから一般公開するようにしましょう。

 

ウェビナー配信前のリマインドは忘れずに!

ウェビナーは受付から開催までが長い傾向があります。

主催者側は、受講者がウェビナーの実施日時を定期的に思い出せるようにリマインドメールを送ると受講者を確保しやすくなります。

一つの目安としては、開催三日前、前日、開始直前あたりにリマインドを送ると、自然な形でウェビナーがあることを受講者に思い出させることが可能です。

そして、当日までにテスト放送を実施したり、対応しているブラウザやOSを改めて案内したりすることもリマインドメールで対応することで受講者とのトラブルを防ぎやすくなります。

 

ウェビナーを配信したらアンケートや参加者行動を元にPDCAを回す

当日の配信が完了したら、最後に受講者に向けたアンケート調査を実施することで次回以降のウェビナーに活かせる情報を収集しましょう。

アンケートの回答内容やコメント記録、受講時間などから受講者が知りたい情報を把握できるほか、自社が気づかなかった問題点を見つけられる場合があります。

受講者から獲得した情報を活かして、継続的にウェビナーの質を改善するPDCAサイクルを回すことが集客効果を向上させていくポイントです。

 

ウェビナーの始め方について不安な初心者におすすめの配信ツール3選

自社内でウェビナーを実践するのが難しいと思った場合、ウェビナーの導入支援、効率アップに特化した専門業者を頼るという方法があります。

ここでは、新規導入時におすすめできる配信ツール3種類の特徴をそれぞれ解説していきます。

 

ネクプロ

ネクプロは、これからウェビナーを始める人向けの導入サポートが充実した配信ツールです。

申し込みフォームの設置やリマインドメールなどを自動で実施できる機能を備えており、当日はネクプロ側が機材から運営までをサポートするサービスも用意されています。

ネクプロには録画配信サービスや受講者の行動分析機能も備わっているので、顧客獲得や会社の知名度強化などにウェビナーを活用していきたい会社にもおすすめできる配信ツールです。

オフラインのセミナーの管理も可能なので、ウェビナー・オフラインセミナー両方を開催する会社には特に使いやすいでしょう。

実際に導入した企業では、顧客獲得コストが導入前に比べて半分になったというケースもあります。

マイナビニュースを運営しているマイナビ社や昭和大学など、皆が知っているような企業・団体でも活用されています。

関連記事:

ウェビナーとは?マーケティングで今注目のネクプロを試してみた

 

ネクプロは無料体験デモを自社サイトから申し込めるようになっています。

配信ツールに興味を持った場合は、ぜひ申し込んでみましょう。

 

>>ネクプロの詳細をチェックする<<

 

ネクプロなら実際にウェビナーを体験しながら製品詳細をチェックできます。

ウェビナーを視聴しながら営業担当者とチャットで質疑応答ができるので、疑問や不安を解消することもできます!

ウェビナー体験&製品詳細チェックはこちら

 

導入事例もダウンロードして見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

◆◇◆ウェビナー成功導入事例集のダウンロードはこちら◆◇◆

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

V-CUBE(ブイキューブ)

V-CUBE(ブイキューブ)は、アンケート機能やチャットなどを用いることで、受講者と主催者がリアルタイムで情報交換できる配信ツールです。

ライブ配信中はウェビナー担当者の姿と営業用資料を同時に映すことができるので、受講者は主催者に関する情報を効率良く知ることが可能です。

そして、V-CUBE(ブイキューブ)は既定のwebブラウザから直接起動できます。

外部アプリやシステムを別途用意する必要がないので、新規導入する際もスムーズに手続きを進めることができます。

V-CUBE(ブイキューブ)は無料体験用のトライアルとデモ体験を自社ホームページ上から申し込むことができます。

 

GigaCast(ギガキャスト)

GigaCast(ギガキャスト)は、ウェビナーを手軽に開催したい会社におすすめできる配信ツールです。

安価で高機能を提供することをコンセプトとしており、事前アンケート、チャット、リマインドメールなどを安価に利用できることが特徴です。

4種類の料金プランがあることもGigaCast(ギガキャスト)の特徴であり、買い切り型のプリペイド型プランも提供されています。

月額費用が不要なので、ウェビナーを開催する頻度が低ければ割安でサービスを利用できます。

GigaCastは、自社紹介サイト上で無料デモ動画や動作環境チェック、テスト配信申し込みフォームなどを提供しています。

 

ウェビナーの始め方を知れば安心して挑戦できる!

ウェビナーを始めるうえで必要な知識や、実践する際の流れを解説しました。

低コストで全国規模のライブ配信が可能であり、録画した映像を再配信すれば大幅なコスト削減もできることがウェビナーの強みです。

一から始める場合は外部業者が提供しているウェビナーツールを導入することをおすすめします。

当記事で紹介したツールはいずれも導入直後の支援サービスが充実しているので、悩んだときは外部業者に問い合わせするところから始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウェビナーを始めてみたい!」
「でもどのwebセミナーツールを選べばいいの?」
そのような方に向けてウェビナーツールの比較を行いました。

>>【比較】ウェビナー・webセミナーツール10選!各ウェビナー・webセミナーツールの強みやポイントは?<<