方法

ウェビナーのノウハウ9選!配信を成功させるポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代ではさまざまな会社が営業活動をオンライン化しています。

今まで代表的な営業手段とされていた自社セミナーや商品説明会に関しても、ウェブ上で実施するウェビナーという手段へ移行する会社が増えつつあるのが現状です。

それでは、なぜさまざまな会社がウェビナーを始めているのかをご紹介した後に、これからウェビナーを始めようと検討されている会社が知っておきたいノウハウやポイントを解説していきます。

 

ウェビナーとは

ウェブ上で行うセミナーのことを、ウェビナーと呼称します。

時間や場所を問わずにセミナーの様子を配信できるので、セミナーの準備に費やす時間や費用、人員を削減できるとして近年注目されている手法です。

ウェビナーは自社セミナー、株主総会、企業向けイベントでの製品紹介などさまざまな場面で用いられています。

 

ウェビナーのメリット

適切な形で実践できていれば、ウェビナーは会社にとってさまざまなメリットを得られる営業手段・マーケティングツールです。

それでは、具体的にどのようなメリットがあるかをご紹介します。

 

従来のセミナーよりも費用対効果が高い

ウェビナーを実施する際は小規模な説明スペースを確保するだけで良いので、自社内の一角を使えば場所代や交通費が無料で済みます。

そして、受講者はインターネット上から参加できることがウェビナーの強みなので、会場面積を考慮する必要もありません。

もし2か所以上でセミナーを開催する場合は、全拠点で開催日時を統一して、ウェビナーで同時配信を行うことでコストを大幅に圧縮、削減できます

受講者にとっても、ウェビナーであれば交通費をかけずにどこででも受講できるので気軽に参加しやすくなります

つまり、従来のセミナーよりも低コストで高い集客効果が見込めるメリットがあります。

 

1度録画してしまえば何度でも配信できる

事前に録画した場合はもちろん、リアルタイムで1度配信したウェビナーでも、同時に録画しておくことで何度でも繰り返して配信できるようになります。

説明会やセミナーなどで映像を再利用できれば、長期的に資料として用いることができます。

毎回講師役を集める従来のセミナーに比べて、あらかじめ記録した映像を流すウェビナーは人件費が毎回掛かるということがなく、日によって説明内容が変わる心配もありません

そして、配信前に自社内で映像を見られるので、ウェビナーを行う前に自社内で完成度を高めておくことができます。

 

資料共有やチャット、アンケート機能で深いコミュニケーションが取れる

動画と音声によってスムーズに資料を共有できることがウェビナーの強みです。

対面でプレゼンテーションを行うように資料を見ながら説明を聞くことができます。

さらに、動画配信サービスのチャットやコメント機能を有効にしておくと、リアルタイムで質疑応答ができるようになります。

 

直接対面型のセミナーだと、時間や周囲の雰囲気などを考慮しながら質問をすることは意外と難しいものです。

とくにオフラインのセミナーでは受講者が緊張していることがほとんどで、有意義な質問だったとしても自己判断で質問するのをやめてしまう人が少なからず存在します。

しかしウェビナーであれば周囲を気にする必要はなく、受講者が気兼ねなく質問しやすい環境が整えられます

 

ウェビナー配信の結果を定量的に集計・分析できる

ウェビナー開催に用いるツールによっては、参加者の人数や受講状況などを取得して、分かりやすい形で閲覧、分析できる機能を備えていることがあります。

ウェビナーでは受講者がいつでも退席できてしまうので、配信内容や回線状況などに問題があれば離脱する人が増えることが見込まれます。

どのタイミングで人が離れているのかを把握できれば、次回以降に活かせる改善点を把握できます

 

ウェビナー後の追客も容易

営業ツールの1つと言えるウェビナーは、各種営業活動支援ツールを併用することによって、受講者の質問内容や受講状況などから興味・関心を予測できるようになります。

ウェビナーツールの種類によっては、そのような営業支援ツールやマーケティングツールと同等の機能を備えているものもあります。

契約や購入といった目標を達成するまでに行うべきことを個人単位で分析、営業内容に反映していけるようになります。

 

ウェビナー配信を成功させるノウハウ9選

手軽かつ安価に成果を上げやすいことがウェビナーの強みですが、実際に人材を集められるウェビナーを開催するにはさまざまな知識やノウハウが必要になります。

そこで、質の高いウェビナー配信を行うためのノウハウを9つの項目に分けてご紹介します。

思ったように成果が出ない、これから導入を考えている会社はぜひ参考にして頂けると幸いです。

 

視聴者にとって参加しやすい環境を選択する

配信する場所を選ぶ際には、通信速度に問題がなく、視聴者が気軽に参加しやすい配信環境を整えることが前提になります。

ライブ配信である場合、映像やコメントなどが滞りなく表示される程度の回線速度は必須です。

ウェビナーを実施する際は安定度に欠ける無線通信ではなく、有線通信を選ぶようにしましょう。

そして、ライブ配信、録画配信に関わらず、配信画面は明るくて清潔な印象を与えられる背景を選ぶようにすることも重要です。

暗くて雑然とした背景だと、それだけでも視聴者に対して悪印象を与える原因になります。

なお、配信中は電話の電源を切る、ウェビナーの実施予定を社内に伝えておくといった防音対策を取ることも忘れずに行いましょう。

 

ウェビナー配信前に参加者へリマインドを送る

ウェビナーへできるだけ多くの人を集めるには、配信日時が近づいてきたときや配信当日などに、受講者に向けてリマインドを送ることをおすすめします。

予約受付から開催まで期間が長い場合、受講者がウェビナーの予定を忘れないように開催者側から定期的にリマインドを送ることが重要になります。

目安としては、1週間前、前日、当日朝などに通知するぐらいの頻度が適切です。

 

話者の印象は非常に大切

担当者が直接姿を見せながら話す場合、担当者の服装や髪型、雰囲気などに気を配る必要があります。

ウェビナーでは担当者が直接顔を見せることによって、受講者は会社へ対する信頼感を高めやすくなります。

しかし、身なりが整っておらず、話し方や表情などから暗い印象を受ける人が話していると、逆に信用を損なう原因になります。

基本的なポイントですが、担当者の身だしなみや話し方、表情などをビジネス向けに整えることで、ウェビナー後の成約率が向上する可能性があります

 

マイクやビデオカメラの質を事前確認する

ウェビナーを実施する上で、画像と音声の質を向上させることは非常に重要です。

撮影機材であるマイクとビデオカメラが粗悪品だと、画像の粗さや雑音が目立つ配信になってしまいます。

配信当日のトラブルを避けるには、事前に撮影機材を使って録画テストを実施することをおすすめします。

もし音声や映像に問題があった場合、必要に応じて機材の買い替えも検討するべきです。

ひとつの目安としては、PC接続型のWebカメラは5,000円~1万円、マイクは2,000~3,000円ほどであれば問題なく録音、録画できると思われます。

マイクは据え付け型でも問題ありませんが、ホワイトボードやプロジェクターを使うのであれば、装着して動き回れるピンマイクがおすすめです。

 

図表で見せる箇所と言葉で説明する箇所を分ける

受講者の興味・関心を上手く自社へ引き寄せるには、図表主体で画面を見てもらう時間と、担当者の言葉を続けていく時間をハッキリと分けると効果的です。

ウェビナーでは説明内容を声で伝えられるので、単に画面を見るよりも多くの情報を分かりやすく伝達することができます。

見るだけでは理解が難しいような資料でも、担当者が優先順位を決めて説明できるので受講者の関心を引きつけておけるメリットがあります。

単純に、時々画面を切り替えることで受講者が画面を見るのに飽きてしまわないようにする効果も得られます。

 

本番前に社内でテスト視聴してもらい改善点を洗い出す

受講者にとって有意義なウェビナーにするには、事前にリハーサルを実施して自社内でレビューをしてもらうことをおすすめします。

配信環境や内容に関する問題などを前もって把握しておくと、配信当日までに改善点を発見、修正することが可能です。

リハーサルを何回か実施するうちに、担当者がウェビナーという形式に慣れることにもつながります。

 

チャット機能で参加者の反応を確かめつつ配信する

ウェビナーでは担当者が受講者の表情や仕草を見られないので、チャット機能を用いて反応を確かめながら話をする必要が出てきます。

話したことがどう受け取られたか、正しく理解されているかなどを読み取るのは、受講者が必要とする情報を予測する上で欠かせないことです。

そして、担当者は事前に質問されそうなことをいくつか考えておいて、状況に応じて話の順番を変えられるように準備しておくと、受講者と円滑にコミュニケーションを取りやすくなります。

 

ウェビナー配信後のアンケート機能で改善点を洗い出す

使用するウェビナーツールによっては、配信終了前や後にアンケートを取る機能を利用できます。

受講者が持つ細かい疑問や要望を聞きやすい機能であり、発信者側は次回以降に活かせる改善点を効率良く探し出せます。

 

ウェビナー配信後に使用した資料や限定資料を配布する

ウェビナーに参加した受講者へ上手く自社を印象付けるには、参加してくれた特典として当日使っていた資料や、他のイベントでは配布しない限定資料を渡すようにすると効果的です。

データという形で参加した形式を残すと、とくに資料を渡さない場合よりも受講者にとって良い印象を持たれやすい傾向があります。

複数社を回るような受講者でも、後から資料を確認したときに応募や受注につながりやすくなる効果が見込めます

 

ノウハウに自信がない方でも安心!確かな機能のウェビナーツール

従来の対面型セミナーとウェビナーは必要なノウハウが大きく異なるので、これまで対面型セミナーに特化してきた会社は新規導入を迷うかもしれません。

しかし、ウェビナーへの移行をサポートする専用ツールを用いることで、今から移行を検討している方でもウェビナーで確実に成果を挙げられるようになります。

それでは、使いやすさとサポート性の観点からおすすめできるツールを3点ご紹介します。

 

ネクプロ

ネクプロはWebブラウザから直接起動可能であり、資料共有、チャット機能、アンケートの3つの機能をシンプルなUIで利用できる上、ウェビナーとオフラインセミナーの両方を管理できるのが特徴です。

初期設定費用は無料であり、ウェビナーツールの導入経験がないユーザーでも新規導入から企画運営、資料映像作成までを丁寧にサポートしてくれます。

ネクプロでは無料のデモ体験機能が提供されているので、ウェビナーツールに関心がある方は気軽に無料体験ができるようになっています。

デモ版の申し込みは公式ホームページからできるので、気になる方はネクプロのWebサイトをチェックしてみましょう。

参考記事:
ウェビナーとは?マーケティングで今注目のネクプロを試してみた

日本国内の有名・大手企業から大学、世界規模のメーカーなど幅広く、様々な業界や用途に導入されています。

これらの企業のウェビナーに参加してみれば、実際にどのような配信ができるかチェックできますね。

 

>>ネクプロの詳細をチェックする<<

 

ネクプロなら実際にウェビナーを体験しながら製品詳細をチェックできます。

ウェビナーを視聴しながら営業担当者とチャットで質疑応答ができるので、疑問や不安を解消することもできます!

ウェビナー体験&製品詳細チェックはこちら

 

導入事例もダウンロードして見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

◆◇◆ウェビナー成功導入事例集のダウンロードはこちら◆◇◆

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

V-CUBE(ブイキューブ)

V-CUBE(ブイキューブ)はインターネット環境があれば世界各国から利用可能で、高画質な映像をリアルタイムで送信できることが特徴です。

導入初期のサポートが充実しており、企画運営に関する支援から最適な運用方法の提案までを丁寧にサポートしてくれます。

クラウド型のウェビナーツールとしては12年連続でシェアNo.1をキープしているのがV-CUBE(ブイキューブ)であり、各業界5,000社以上に導入されている実績を持っています。

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

GigaCast(ギガキャスト)

GigaCast(ギガキャスト)はウェビナーおよびオンライン授業に特化したクラウド型サービスであり、受講者ごとの出欠席管理機能や、受講者から講師役への個別メッセージ機能などが特徴となっています。

そして、使用頻度や用途に応じて5種類の料金プランを選択可能であり、従量課金制の大規模セミナー用プランから、買い切りのプリペイド型プランまで選べます。

利用頻度が少ない方や、少人数セミナーをメインとする方などであれば、一般的なウェビナーツールより費用を抑えやすくなります。

 
関連記事:こちらもご覧ください!

 

ウェビナーのノウハウを元に配信を成功させよう!

近年は営業活動にインターネットを用いる企業が増えており、そのひとつとしてウェビナーを導入し始めています。

従来のオフラインセミナーに比べて費用を抑えやすく、当記事で紹介したポイントを実践できていれば、確実に営業活動の効率を上げることができます。

ウェビナーに関する知識を持っていない企業でも、専門業者が提供するウェビナーツールを用いることで確実にリードを獲得できるようになります。

これから導入を検討する企業は、自社の方針に合わせたウェビナーツールを選ぶところから始めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウェビナーを始めてみたい!」
「でもどのwebセミナーツールを選べばいいの?」
そのような方に向けてウェビナーツールの比較を行いました。

>>【比較】ウェビナー・webセミナーツール10選!各ウェビナー・webセミナーツールの強みやポイントは?<<