用途

ウェビナーなら決算説明会が開催しやすくなる!ウェビナー開催のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決算説明会は、企業の事業計画や業績を機関投資家や証券会社のアナリスト、報道関係者を対象に説明する場です。

従来、来場型の会場で執り行うものでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてWeb上での開催を検討する企業が増えています。

しかし、Web上での決算説明会をどのように開催すれば良いか分からない担当者もいるでしょう。

 

そこで、この記事ではWeb上で行う形式のセミナーの「ウェビナー」について説明し、ウェビナーで決算説明会を実施するメリットとポイント、準備すべきものについて解説し、おすすめのウェビナーツールを紹介します。

 

ウェビナーって何?

ウェビナーとはWebとセミナーを合わせた言葉で、動画を使ったセミナーをインターネット上で実施することを言い、オンラインセミナー、インターネットセミナー、Webセミナーとも呼ばれています。

 

ウェビナーには、Web会議システムなどを利用して決まった配信時間で「ライブ配信」をする方法と、事前に録画しておいた配信動画を告知した日時、またはWebサイトのコンテンツとしていつでも視聴できる形で配信する「録画配信」という方法があります。

ライブ配信の場合、コンテンツを一方的に配信する一方向通信と、チャットツールなどを利用して、ウェビナー視聴者から意見や質問を即座に受け付けてコミュニケーションを取ることができる「双方向配信」があります。

双方向配信は、リアルタイムに視聴者の反応を見ながらセミナーを実施できるので、臨場感のあるウェビナーの開催が可能です。

また、配信するセミナーのタイプや目的に応じて、講師が話している様子をそのまま配信する講義スタイルと、PowerPointで作成したスライドをポイントごとに入れていく、スライド使用スタイルに分けられます。

一方、録画配信はWebサイトのコンテンツとしていつでも視聴できるようにしておけば、ユーザーはいつでも好きな時に、何度でも動画を見られるというメリットがあります。

 

ウェビナーで決算説明会を配信するメリット

ここではウェビナーを使って決算説明会を配信するメリットを5つ紹介します。

 

インターネット環境があればどこからでも参加できる

来場型のセミナーの場合、参加者は会場に出向く必要があったため、スケジュール調整や交通費の負担など、参加するためにかかる負担が大きく、気軽に参加することができませんでした。

一方、Web上で開催するウェビナーは、オフィスの自席や自宅、Wi-Fi環境のあるカフェや駅などインターネット環境と端末があればどこからでも参加できます

移動時間を考える必要もないため、例えば1日に複数参加したいウェビナーがあったとしても時間さえ被っていなければ容易に参加が可能です。

 

ウェビナーを開催する企業にとっても、参加者の負担を軽減することで集客力が向上するので、企業と参加者双方に大きなメリットがあります。

 

録画し、アーカイブ化することが可能

録画型ウェビナーはもちろんのこと、ライブ配信したウェビナーを録画し、アーカイブ化してWebサイトのコンテンツとして、マーケティングに活用することが可能です。

アーカイブ化しておけば、当日参加できなかった参加者や、参加したけれどもう1度配信を見たい参加者に録画したコンテンツを見せることができます

 

録画したコンテンツは自社サイトのみならず、編集してYoutubeなどの動画プラットフォームに配信することも可能です。

良質なコンテンツであれば、広告によって収益化することもできるうえ、幅広い層に認知してもらえる可能性があります。

 

チャットで質問を受け付ければ、現地参加と変わらない

ウェビナーは、視聴者は疑問点をチャットに打ち込むだけで済み、来場型のセミナーと変わらない形式で気軽に質問することができます。

むしろ大勢の前で挙手をしたり、マイクを使って話したりする必要がないため、純粋に疑問点を尋ねられるので、リアルのセミナーでは質問できない参加者も質問しやすくなるでしょう。

 

また、リアルタイムで来た質問を受けてその場で補足説明をすることができるので、視聴者の疑問を早急に解決してあげることができます。

従来の来場型のセミナーは、参加者に向けて一方的に語ることが多く、質問を受け付けるタイミングも少ししか設けることができませんでした。しかし、ウェビナーはチャット形式で質問を受け付けることができるため、説明の途中でも質問を受け付けることができるのです。

 

資料共有も簡単

ウェビナーはインターネット上で開催するため、画面共有機能を使って、スライドやグラフ、WebページやパワーポイントやPDFなどを見せながら、説明することができます。

また、参加者に資料データを事前にダウンロードしてもらうようにすれば、帯域を圧迫することなく動画を配信することも可能です。

 

企業にとってもPCやスマートフォンなどの端末上で資料を見ることができるため、大勢のセミナー参加者のために資料を印刷して配布する手間が省けます。

 

広い会場を用意する必要がなく、コストも削減できる

ウェビナーは会場を借りて開催する従来のセミナーとは違って、大きな会場を借りる必要はありません。

そのため、コストやセミナー当日に用意する運営スタッフのコストを削減できます。

セミナーのコストを必要最小限に抑えることで、通常なら人件費や会場費の問題で開催することができなかった少人数のセミナーを何度も開催することができるようになります。

何度もウェビナーが開催できれば参加者もスケジュール調整がしやすく、仮に参加者が少なかったとしても、会場費や人件費が無駄になってしまうリスクを回避できます。

 

ウェビナーで決算説明会を配信する際のポイント

ここではウェビナーで決算説明会を配信する際のポイントについて説明していきます。

 

参加者にとって分かりやすい参加方法の事前説明が必要

ウェビナーは、インターネット上で配信されている動画を視聴できる環境にあれば参加することができますが、よりインタラクティブなタイプのウェビナーを開催したい場合は視聴者にもカメラとマイクを用意してもらう必要があります。

 

また、配信するウェビナーツールによっては、参加者にソフトウェアのインストールをしてもらう必要があるケースもありますので、事前に手順をきちんと説明する必要があります。

ツールやネットの知識がない人にも気軽に参加してもらうためには、インストールの必要がなく、URLにアクセスするだけで視聴が開始できるツールを選択するような配慮も必要です。

 

さらに、ウェビナーは直接会場に赴く必要がない点が参加者にとって最大のメリットですが、忘れられやすいというリスクもあります。

そのため、ウェビナー開催の数日前にはアラートメールを送り、参加方法や手順を確認しておくようにしましょう。

 

通信障害などのトラブルに対する対応方法の事前確認

ウェビナーを配信するPCや回線などの環境が悪いと、配信の途中で止まったり、音声と映像がずれたりするようなトラブルに見舞われる可能性があります。

また、ノイズや騒音、マイクの音割れやハウリング、照明が暗くて説明している人の表情が分かりにくいといったことは、視聴者のストレスにつながります。

特に、決算説明会は企業の将来や姿勢などをアピールする大切な場です。

そのような場面でノイズや配信が止まってしまうと、重要な内容を聞き漏らしてしまう他にも、配信体制が整えられない企業に対する印象の低下を招く恐れもあります。

 

したがって、画面の綺麗さや音がクリアかどうかといった配信の品質は、ツールの選定も重要なポイントですが、撮影時に使用するマイクやカメラの品質によっても左右されます。

配信品質を良くするために、機材はある程度高品質なスペックのものを使用するようにし、信頼できるウェビナーツールを導入しておきましょう。

さらに、通信トラブルが発生した時のために必要なガイドライン、マニュアル、ツールのサポート内容などを事前に確認し、整備しておく必要があります。

 

チャットやアンケート機能を活用する

ウェビナーツールには無料のものもありますが、チャットやアンケート機能が備わっていない場合があります。

Web上であっても距離を感じさせない決算説明会を実施するには、必ずチャットやアンケート機能のあるウェビナーツールを選びましょう。

 

また、チャットやアンケート機能は、視聴者が疑問に感じる点やウェビナー開催への評価を明らかにする点でも非常に重要な機能です。

継続的にウェビナーによる決算説明会やセミナーを行っていくのであれば、チャットやアンケート機能を活用してウェビナーを改善する一助にしましょう

 

事前に配信テストを入念に行う

ウェビナーで決算説明会を行う際には、事前の配信テストが何よりも重要です。

背景や照明の明るさなどを調整し、動画の映り具合や音声のクリアさを実際に確認します。

 

また、司会者や話者の話し方や話す内容、イントネーションに不自然な点がないかチェックして、万全を期しておきましょう。

配信テストの際は、もしトラブルが起きた場合はどのように対処するかということも併せてチェックしておくとより安心です。

 

インターネットに慣れていない参加者向けに会場開催も同時に行う

決算説明会の参加者の中には、インターネットに慣れておらず、ウェビナーに参加できない人が少ないながらいます。

こうした人々に向けて、ウェビナーとともに会場開催を同時に行いましょう。

オフラインセミナーとオンラインセミナーを同時に開催することで、決算説明会の参加者に安心感を与えることができます

 

ウェビナーで決算説明会を配信する際に必要なもの

ここではウェビナーで決算説明会を配信するのに必要なものを3つ紹介します。

 

カメラ

PCやノートPCに内蔵されたカメラでも撮影は可能ですが、映像が荒い、配信が固まりやすいといったリスクがあるため使用はおすすめできません。

決算説明会は企業の将来を左右する重要な場面でもあるため、別途外付けのWebカメラを購入することをおすすめします。

 

購入することに抵抗を感じる場合は、ウェビナーツールの提供会社によっては、機材のレンタルを含めたサポートを行っているケースもあるので相談してみると良いでしょう。

 

マイク

音質が悪かったり、マイクのボリュームが小さく聞き取り辛かったり、音が割れていたりすると、視聴者の大きなストレスとなり、最悪の場合は不快に感じてウェビナーの視聴をやめてしまうかもしれません。

そのため、マイクも別途購入しましょう。

また、説明する人は説明のためにスライドを指し示すことも考えられるので、身動きが取りやすいようにマイクは音質の良い胸元につけるピンマイクタイプのものを選んで購入するようにしましょう。

 

ウェビナーツール

ウェビナーツールには集客、受付管理、スケジュール管理などの機能が搭載されているので、ウェビナーの運営をスムーズにしてくれます。

無料のものもありますが、回線が不安定、機能が不十分などの観点から決算説明会をはじめとした、外部向けのウェビナーでの使用はおすすめできません

したがって、ウェビナーツールは有料のものの中から、自社に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

決算説明会の配信におすすめのウェビナーツール

ここでは決算説明会の配信におすすめのウェビナーツールを2つ紹介します。

 

ネクプロ

ネクプロはグローバルトップ企業にも採用され、30万IDを突破した実績のあるウェビナーツールです。

ネクプロは申込ページの自動生成や、ボタン1つで配信を開始できる分かりやすいインターフェースで、ウェビナー開催中のチャットによる質問にもリアルタイムで返信できます。

初心者の方にとってもウェビナーを安心して開催することが可能です。

 

ネクプロはライブ配信のみではなく、録画配信にも対応しているためコンテンツマーケティングツールとしても使えます。

各コンテンツへの参加者・申込者の情報は専用データベースで一元管理され、アンケートなどの集計やチャット履歴の管理に対応。

ウェビナー中の離脱率などのデータも集計してくれるので、分析もすぐに取得できます。

タグを埋め込めば、外部ツールを使って効果測定も可能です。

 

配信の際も、オプションをつければ専門スタッフによる手厚いサポートが受けられますので、決算説明会のような失敗が許されないシーンでも安心してウェビナー配信を行うことができます

 

▼導入企業例

>>ネクプロの詳細をチェックする<<

 

ネクプロなら実際にウェビナーを体験しながら製品詳細をチェックできます。

ウェビナーを視聴しながら営業担当者とチャットで質疑応答ができるので、疑問や不安を解消することもできます!

ウェビナー体験&製品詳細チェックはこちら

 

導入事例もダウンロードして見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

◆◇◆ウェビナー成功導入事例集のダウンロードはこちら◆◇◆

 

figbit(フィグビット)

figbitはウェビナーの内容に応じて、複数のサービスを展開しています。

セキュア配信に対応している「Web Meeting Secure(Live)」、メディカル・ヘルスケア配信用の「WebMeeting Healthcare & Medical(Live)」、IR専用の「IR WebMeeting(Live)」などがあります。

 

株主総会や決算説明会に特化した製品があるのが特徴です。

ウェビナー配信初心者の方にも経験豊富な専門のディレクターがサポートに付いてくれるため安心です。

ブローシャーやパンフレットなどの紙媒体制作や株主総会などの運営支援を行ってくれます。

 

ウェビナーで決算説明会を配信しよう!

この記事では、ウェビナーで決算説明会を配信するメリットとポイント、ウェビナーに必要なものについて解説し、おすすめのウェビナーツールを紹介してきました。

コロナウイルスの感染拡大と緊急事態宣言により、決算説明会の開催が危ぶまれている企業は、ウェビナーツールを使った決算説明会を開催してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウェビナーを始めてみたい!」
「でもどのwebセミナーツールを選べばいいの?」
そのような方に向けてウェビナーツールの比較を行いました。

>>【比較】ウェビナー・webセミナーツール10選!各ウェビナー・webセミナーツールの強みやポイントは?<<