用途

新卒採用、オンライン面接をしていないなんて時代遅れ!企業と学生にとってのメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革の施行による多様な働き方の実現を目的として、テレワークなどオンラインで仕事をする働き方が推奨されています。

新卒者の面接も、オンライン面接で行う企業が増加傾向にあり、メディアで取り上げられるなど社会の注目を集めています。

オンライン面接とはウェブ面接とも呼ばれ、オンライン通話サービスを使って行うビデオチャットでの面接を意味します。

従来の直接顔を合わせる対面式の面接に替わり、パソコンやスマートフォン、タブレットなどを用いてどこからでも参加できる面接方式です。

ここでは、今後も普及が広がっていくオンライン面接について、実施するメリットと気をつけたいポイント、おすすめのツールについてご紹介します。

 

新卒採用で面接をオンラインにする企業側のメリット

新卒採用の面接は、就活生にとっても、企業にとっても重要なものです。

オンライン面接を取り入れることで、企業側も就活生側もさまざまなメリットがあります。

ここでは、企業側のメリットについて解説します。

 

どこにいる就活生とも気軽に面接できる

日本の企業の多くは首都圏を拠点としています。

そのため、会社説明会や面接も首都圏で行うことが多く、地方や海外に住む就活生は気軽にエントリーできません

しかし、オンライン面接であればインターネットにアクセスできる環境さえ整っていれば、どこからでも面接を受けてもらうことができます。

わざわざ首都圏まで交通費をかけて出向かなくても面接を受けられることは、就活生にとってエントリーへのハードルが下がるので、多様な人材からのエントリーが期待できます。

多くの人材からエントリーしてもらえることは、企業にとっても優秀な人材を獲得できるチャンスが広がります

 

また、対面式の面接は多忙な就活生とのスケジュール調整が難しく、日程調整に手間取っているうちに他社での内定が決まり、面接を辞退されてしまうというケースがあります。

しかし、オンライン面接であれば就活生も移動時間を考える必要がないため、スケジュール調整が行いやすくなります

企業側は、せっかく時間をかけて書類選考をした人材との面接機会を逃すことなく、採用すべき人数を確保しやすくなります。

 

さらに、スケジュール調整のハードルが対面式の面接より下がることで、複数回面接をしやすいというメリットがあります。

オンライン面接で就活生の人柄や熱意を何度も確認することで、入社後のミスマッチを防ぎ、早期離職を防げるというメリットもあります。

 

加えて、オンライン面接を実施している企業は、就活生へ与える印象も良くなります。

オンライン面接を実施することで、リモートワークなどに対応できる柔軟な社風や、業務を効率化することに意欲的な企業としての姿勢をアピールすることができます。

昨今はワークライフバランスを重視した多様な働き方や業務の効率化のニーズが高まっています。

そのため、就活生も旧態依然とした形式にこだわる企業は敬遠し、利便性の高いものはどんどん取り入れる企業に魅力を感じてくれます。

 

オンライン面接の様子を録画できる

オンライン面接ツールには、録画機能が用意されているツールがあります。

面接を録画するメリットには以下のようなものがあります。

 

合否の議論がしやすくなる

従来の対面式面接で面接官が複数名いた場合、採用するかどうか評価が割れることがありますが、オンライン面接の録画機能は、面接終了後に合否について話し合いを行う場でも活躍します。

オンライン面接ツールの録画機能を活用すれば、1度実施した面接を何度も確認することができます

基本的に今までは面接官のメモや印象でしか振り返りを行うことができませんでしたが、面接の様子を録画しておけば、面接に同席していない人からの意見を求めることもできます。

さまざまな視点から総合的に合否を決めることで、自社にぴったりの人材を採用することができます。

 

面接官のフィードバックできる

面接官が就活生のポテンシャルが分かるような的確な質問をするには、ある程度の経験と技術が必要です。

しかし、面接官は、面接中は就活生の受け答えや表情、身だしなみなど、さまざまなことに気を配る必要があるため、自身がどのように面接を行っているかまで振り返る機会はあまりありません。

しかし、オンライン面接ツールの録画機能で面接の様子を見返すことで、面接官自身も振り返りができます

その様子を上司などに見てもらい、フィードバックをもらえばさらに効果的な面接を行えるようになるでしょう。

 

新卒採用で面接をオンラインにする就活生側のメリット

オンライン面接は企業側にとってだけでなく、面接を受ける就活生側にもメリットがあります。

ここでは、就活生が得られるメリットをご紹介します。

 

交通費がかからない

地方に住む学生にとって、企業の本社が多く所在する東京や大阪といった都市部に行くには、交通費や場合によっては宿泊費がかかります。

受ける企業数が多ければ多いほど、企業に足を運ぶ回数が増えて費用がかさみます。

就職活動費用は十数万円とも言われており、地方に住む就活生にとっては交通費が大きな負担となっています。

そのため、就活生は本当に志望度の高い企業のみに絞って就職活動を行わざるを得ません。

 

しかし、オンライン面接であれば在宅したまま面接を受けることができます。

交通費を一切かけずに面接に臨めるため、少し興味がある企業にもエントリーしやすくなり、応募企業の幅を広げて自分に合う企業を見つけ出しやすくなります

 

時間を節約できる

地方の学生が首都圏に拠点を置く企業に面接に行くには、交通費もかかりますが移動時間もかかります。

面接の開始時間によっては宿泊しなければ間に合わないケースもあるので、1社受けるだけでかなりの時間拘束される場合もあります。

また、慣れない土地での移動は不安も多く、面接を受ける以前の精神的負担も大きいです。

 

しかし、オンライン面接ならば、移動時間は必要ありません。

自宅で面接が受けられるので、比較的リラックスした状態で面接に臨むことができ、本来の力を発揮しやすくなります

不慣れな土地の移動方法や時間を調べることに充てていた時間も、企業研究の時間に充てることができるため、万全な状態で面接を受けられます。

 

選考を受ける企業を増やす余力が生まれる

新卒採用はほとんどの企業が同じ時期に同じようなフローで実施するため、必然と面接の時期が重なってきます。

1日に複数社の面接を受ける場合でも、移動時間や待ち時間を考慮して余裕を持たせて予定を組む必要があり、1日に受けられる面接は限られてしまいます。

 

しかし、オンライン面接ならば、現地に行く必要がないので、スケジュールを立てやすく、対面式の面接よりも多くの企業の面接を受けることが可能です。

移動時間を考慮せずに予定を立てられるため、時間の関係で面接を受けることを諦めていた企業の選考も受けることができます。

 

新卒採用のオンライン面接で気をつけるべきポイント

オンライン面接を実施するにあたり、企業が注意すべきポイントがいくつかあります。

せっかく企業と就活生の双方にメリットのあるオンライン面接を実施しても、ポイントを押さえないまま実施してしまうと効果が半減してしまいます。

ここでは、気をつけるべきポイントを3つご紹介します。

 

オンライン面接に対応できることを学生にアピールする

オンライン面接を行うことにより、企業、学生双方の時間とコストを削減できるのは前述した通りです。

しかし、多くの企業では、未だに面接は対面式で行うのが基本です。

オンライン面接を実施している企業は増加傾向にあるとはいえ、まだまだ珍しいものなので就活生に対してオンライン面接を実施していることをアピールする必要があります。

 

新卒採用専用のWebサイトや就活サイトにオンライン面接に対応できることを明記しておくことはもちろん、対応している端末や必要な通信環境などの詳細も掲載しておくと就活生に安心感を与えることができます

 

また、オンライン面接のIT技術に対応した企業であることや学生の時間を大事に考えたうえでの施策であること、広く応募者を受け入れていることなどのPRとして掲載すれば、就活生へ良い印象を与えることができます。

 

リマインドを送るなど、日時のずれを防ぐ

就活生は数多くの選考を受けていて多忙を極めているため、面接があることを忘れている可能性もあります。

当日のドタキャンを防ぐためにも、オンライン面接を実施する際は、数日前~前日までにリマインドメールないし電話を行いましょう

メールを送付する際は、内容に抜け漏れがないように注意し、再度オンライン面接の詳細も記載しておきます。

また、スケジュールの再調整が必要な場合は気軽に問合せて欲しい旨や、面接で話せることを楽しみにしている旨を添えておくと、就活生に思いやりが伝わります。

 

通信環境を安定させる

オンライン面接では、通信環境が安定していないと回線が寸断されたり、画像が乱れたりといったトラブルが発生してしまいます。

オンライン面接中に通信が乱れてしまうと、面接官が質問が思うようにできなかったり、就活生も実力を存分に発揮できずアピールできなかったりといった、採用活動への不利益をもたらします。

このようなトラブルが発生しないように、通信環境を安定しておくことはもちろん、万一トラブルが起きても対処できるようにしておく必要があります

 

事前にオンライン面接のシミュレーションを行い、通信機器やシステムの操作方法を確認しておきましょう。

また、トラブル発生時に、IT担当者にすぐ対応してもらえるよう待機していてもらうことも場合によっては必要です。

さらに、通信が途切れてしまった場合の対処方法を事前に就活生へアナウンスしておくと、就活生も安心して面接に臨むことができます。

 

通信環境の安定も大切な要素ですが、面接する環境が整っているかもシミュレーションの段階で確認しておきましょう。

Webカメラは思った以上に周囲の様子や音を拾ってしまうため、オフィスの中だと仕事場の雑音や電話の鳴る音などが入ってしまうことがあります。

したがって、面接用には、静かな会議室を用意し、音声チェックや照明の明るさも確認しておきましょう。

 

新卒採用のオンライン面接に利用できるツール3選

ここまでオンライン面接のメリットや注意点についてご紹介してきました。

オンライン面接やWeb会議ツールはさまざま種類がありますが、ここでは新卒採用のオンライン面接での活用が向いているツールを3つご紹介します。

 

ネクプロ

ネクプロは、セミナーを配信で活用できるツールですが、オンライン面接にも活用できます。

オンライン面接以外に、オンライン企業説明会や内定者向けの入社前研修も開催できるので、新卒採用をオンライン化するのに有効なツールといえるでしょう。

ライブ配信機能、申込み管理、分析・レポート機能、多言語対応などに優れているうえ、50名のセミナーを月額5,000円~で開催できるので導入コストも抑えることができます。

ネクプロは、オンライン面接だけでなく集客サポートやリード管理などができてオウンドメディアコンテンツへの活用も可能なため、新卒採用だけでなくビジネスでも幅広く活用できるツールです。

 

導入企業を見ると、多種多様な業界、有名企業から大学までと幅広く、どのような企業でも利用しやすいことが分かります。

 

導入企業による使ってみた感想記事:
ウェビナーとは?マーケティングで今注目のネクプロを試してみた

 

導入前にデモ版を利用することができるので、しっかり使い勝手を確かめてから本導入することが可能です。

 

>>ネクプロの詳細をチェックする<<

 

ネクプロなら実際にウェビナーを体験しながら製品詳細をチェックできます。

ウェビナーを視聴しながら営業担当者とチャットで質疑応答ができるので、疑問や不安を解消することもできます!

ウェビナー体験&製品詳細チェックはこちら

 

導入事例もダウンロードして見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

◆◇◆ウェビナー成功導入事例集のダウンロードはこちら◆◇◆

 

関連記事:こちらもご覧ください!

 

V-CUBE(ブイキューブ)

V-CUBE(ブイキューブ)は、応募に対して迅速な面接を可能にするビデオ面接ツールです。

オンライン面接の開始方法は簡単で、応募者は受信した案内メールから2クリックで参加できます。

個別のID管理が不要なうえ、セキュリティもしっかりしているので安心してオンライン面接を実施することができます。

office365にも連携しており、Outlook予定表への予約登録ができるため、スケジュール管理も容易です。

 

GigaCast(ギガキャスト)

GigaCast(ギガキャスト)はセミナーに特化して開発された動画配信システムです。

ホームページに掲載する面接の告知ページや申込みフォームの作成、招待メールの配信、チャットや質疑応答などのコミュニケーションツール機能など、セミナーに必要な機能が備わっているので、これをオンライン面接に活用できます。

利用者専用のサポートサイトもありバックアップ体制が充実しています。

 

新卒採用でオンライン面接を実施してみよう

この記事では、オンライン面接についてメリットや実施のポイント、おすすめのツールをご紹介しました。

オンラインという形式にまだまだ抵抗があるという企業の採用担当者も、オンライン面接が企業側と就活生の双方にメリットがある手法だということがお分かりいただけたでしょう。

 

就活生が何社にも足を運んで複数回面接を受ける労力は計り知れません。

また、就活生は就活と同時に卒業論文や授業への出席、バイトと時間がいくらあっても足りないのが現状です。

オンライン面接を実施してくれるというだけで、就活生はその企業に対して好印象を抱きます。

今後は、オンライン面接が当たり前の世の中になっていくと予想できるため、早いうちからオンライン面接を取り入れて優秀な人材を獲得していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウェビナーを始めてみたい!」
「でもどのwebセミナーツールを選べばいいの?」
そのような方に向けてウェビナーツールの比較を行いました。

>>【比較】ウェビナー・webセミナーツール10選!各ウェビナー・webセミナーツールの強みやポイントは?<<